• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
救援物資 熊本に電撃空輸せよ!

救援物資 熊本に電撃空輸せよ!

Author:
DimaDima
Posted date:
救援物資 熊本に電撃空輸せよ!

電撃空輸作戦を展開せよ!

「東京新宿では救援物資を陸送する輸送車がスタンバイしている状況」だとTVニュースで取材者が言っていました。
えぇ?!不思議だと思うのはわたしだけでしょうか?
私)「なに?東京から運ぶの?」
老母)「なにをやっておる!佐賀や長崎から船で運んでそこからヘリコプターで運べばすぐにつく!それか船で運ばなくても空輸すればいいがね!」
いや、まさにそのとおりだと思ったのです。

「SOS」は悲鳴のメッセージ

「SOS」「水」「カミパン」などの文字がみえます。

空から分かるようにと叫びにも似たメッセージを発信しています。電撃空輸作戦をなぜとらないのでしょうか?

県庁には大量の水と食料があった!

強烈なリーダーシップが必要!

災害が起きた時には強烈なリーダーシップを発揮して陣頭指揮を執れる人物が必要なのですが、残念ながら小役人には無理なのです。また二世議員の政治家でも無理なのです。
「すべての責任はわしがとる!すぐに水と食料の確保をしてできるところからすぐに配れ余ってもかまわん!やれ!」と言うくらいのリーダーがいないと。
(こういうとどうしても田中角栄を思い出します。)

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
Dima

小さな団体の非常勤役員です。海外に行くと逆に日本がよく見えますし、一人の時間を楽しめますので、年に数回は東南アジアに足を運びます。また南国の暖かい気候は脳神経や血行に良いと実感。 異常さの中に浸かっていると自分の異常さが見えなくなります。 日本はこの先いったいどこに向かうのでしょうか?