• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
川内原発に関する危険の極み情報がつぎつぎと暴露される中でも川内原発、震源移動しても「問題ない」と規制委見解・・・まさに狂気以外のなにものでもないのに目覚めぬゾンビ大国日本!!!

川内原発に関する危険の極み情報がつぎつぎと暴露される中でも川内原発、震源移動しても「問題ない」と規制委見解・・・まさに狂気以外のなにものでもないのに目覚めぬゾンビ大国日本!!!

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Release Date:
川内原発に関する危険の極み情報がつぎつぎと暴露される中でも川内原発、震源移動しても「問題ない」と規制委見解・・・まさに狂気以外のなにものでもないのに目覚めぬゾンビ大国日本!!!

熊本県を中心に相次いでいる地震を受け、原子力規制委員会は18日、臨時の会議を開き、国内で唯一稼働中の九州電力川内原発(鹿児島県薩摩川内市)など周辺の原子力施設について現段階で異常はないことを確認した

 この日は、川内原発などの現状や、阿蘇山の噴火警戒レベルは変更されていないことなどが報告された。

 原発については、保安規定で定めた設定値以上の揺れを敷地内で観測すると緊急停止する運用を行っている。規制委の報告によると、川内原発では、緊急停止の設定値は水平方向で原子炉補助建屋の地下階で160ガルなどに設定されているが、14日以降の地震での最大値は8・6ガルで設定値を下回っていた。

 委員からは、震源が南西に移動し、より川内原発の近くで地震が起きることへの心配について指摘された。これに対し、新規制基準審査では、より大きい地震でも「原子炉の安全上は問題がないと評価されている」との見解が示された。

 停止中の玄海原発(佐賀県玄海町)、四国電力伊方原発(愛媛県伊方町)、中国電力島根原発(松江市)でも緊急停止の設定値を下回り、使用済み核燃料の冷却が保たれていると確認された。

 田中俊一委員長は、初期の情報提供が十分でなかったのを反省しなくてはいけないとして、「まだ地震が続いているのできめ細かに情報提供をしたい」と話した。(熊井洋美)

出典:川内原発、震源移動しても「問題ない」 規制委見解:朝日新聞デジタル

	

震源、南西にも拡大 本震は布田川断層 地震調査委見解。朝日新聞デジタル 2016年4月18日

 熊本、大分両県で発生している一連の地震で、震源分布の広がりが注目されている。気象庁は17日、南西側に地震活動が広がっているとして注意を呼びかけた。周辺にある活断層の地震が誘発され、地震を起こす可能性が専門家の間で議論になっている。

出典:震源、南西にも拡大 本震は布田川断層 地震調査委見解:朝日新聞デジタル

	

九州電力によると、川内(せんだい)原子力発電所(鹿児島県薩摩川内市)は通常運転を続けている

だから、動かしてるのが異常だ!!
すぐ止めろ!!

川内原発は異常なし
	
異常なし異常なしって、なんかあってからやったら遅いから止めとけ!!
	

日本の原発推進派は完璧に狂ってる! 「世界からみても川内が動いている今の状態はクレイジイ!」

いつまでも狂人の手に原発を握らせていいのか? 直近24時間の震源 東側はついに伊予灘に 気象庁は南西側(八千代)も注意と・・・ どんどん広がっている印象やんか

みんなで現実を直視しよう~~よ!!  川内は耐震偽装、そして巨大断層近くなのに耐震ユルユル設計の四電「伊方原発」、南海地震で暴発の恐怖

また暴露記事なのか・・・? 地震学者が「川内原発の審査は『耐震偽装』ともいえる大問題」と警告

正義の旗振りたちを応援すべき時が来てる・・・! 1人でも多くが叫べ!! 1%に雇われた工作員を怖がるな!! 原発に懸念示すだけで「地震の政治利用」と炎上...

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21