• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
なんとなく色っぽいね~! 【熊本地震】仮設「女湯」に感謝の声 東北から派遣の陸自女性隊員が活躍

なんとなく色っぽいね~! 【熊本地震】仮設「女湯」に感謝の声 東北から派遣の陸自女性隊員が活躍

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Release Date:
なんとなく色っぽいね~! 【熊本地震】仮設「女湯」に感謝の声 東北から派遣の陸自女性隊員が活躍

女性にしかできないことって・・・いろいろあるよね!女性隊員の活躍って、いいよね!

【熊本地震】自衛隊が仮設「女湯」を運営…被災者の支援続く


仮設風呂の女湯は女性隊員が運営しており、被災者から感謝されているという。阿蘇市内の10カ所では、給水や炊き出しも行っている。
	
 熊本地震の安否不明者捜索や被災者支援のため熊本県入りしている陸上自衛隊東北方面隊の災害派遣部隊(隊長・掛川壽一第6師団長)の約2300人は21日、大雨の中で懸命に活動を続けた。

 第6師団によると、第20普通科連隊(山形県東根市)のうち約100人は20日から南阿蘇村で本格的な捜索活動を行っているが、21日は二次災害の恐れがあるため中断が続いた。

 同連隊の他の隊員や第6後方支援連隊(同)、第21普通科連隊(秋田市)、第44普通科連隊(福島市)は阿蘇市内の10カ所で給水や炊き出し、入浴などの支援を行っている。仮設風呂の女湯は女性隊員が運営に当たっており、被災者から感謝されているという。

 海上自衛隊大湊基地(青森県むつ市)も20日、仮設風呂2基と隊員23人(うち女性3人)を陸路で出発させた。22日に現地入りする。

出典:仮設「女湯」に被災者が感謝、陸自女性隊員が運営に当たる - ライブドアニュース

	
被災地で女風呂を作り、女性のサポートをするために女性隊員を集めたが足らなかった。声歌隊の人も駆り出しての対応だったそう。
	
【社会】 ボランティア運んだバス運転手、被災地でのぞき (読売新聞): 巨大地震 東日本大震災の被災地に、福井県内から学生ボランティアを運んだ京福バス(福井市)の40歳代の男性運転手が、宿泊先の旅館で女風呂をのぞいたとして、...
	
熊本の部隊が自衛隊風呂炊いてる。入りたかった。18:00 〜女風呂です@ベイサイドアリーナ♪ 南三陸町は九州の部隊が多いのか。現地に同期も多く行ってそうだ。無理しないで頑張ってほしい。長期戦になるのは必須だし
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21