• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
金に狂った戦国乱世の始まりか・・・? 政府発放送のNHKが受信料で高額自社ビル。『新国立も顔負け、NHKは受信料で「3.4億円」豪華社屋計画』

サムネイル出典:

金に狂った戦国乱世の始まりか・・・? 政府発放送のNHKが受信料で高額自社ビル。『新国立も顔負け、NHKは受信料で「3.4億円」豪華社屋計画』

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Posted date:
金に狂った戦国乱世の始まりか・・・? 政府発放送のNHKが受信料で高額自社ビル。『新国立も顔負け、NHKは受信料で「3.4億円」豪華社屋計画』

新国立の2500億円建設費が問題となってるが、これ以上の金額3400億円で豪華社屋の建設計画をしているのがNHKである。 建設費用は、当然視聴者の受信料で賄われる。NHK会長が参考にしたという、民法建替えの費用が日テレで1100億円、テレビ朝日で500億円だったことからすると、新国立同様に高すぎるという声が聞こえてくる。 NHKのこれまでの累積黒字が2000億円ともいわるが、国民への還元は一切考えていない

「(1)現有地と等価交換で取得した新しい土地に移転する(2)現有地で建て替える――NHK内部でこの2パターンを試算した結果、建て替えた場合の費用は、移転のほぼ倍額になると分かりました。限られた敷地内で行う建て替えは、建物の配置や工期が複雑に入り組むため、難工事となり時間もお金もかかる。建設費は軽く4000億円を突破するといわれています」

 籾井会長が「参考にした」という民放の新社屋と比較しても、日本テレビの新社屋は1100億円、テレビ朝日は500億円だ。いくらNHKが“大所帯”とはいえ、3400億円は高すぎる。

 元NHK職員で「NHKから国民を守る党」代表の立花孝志氏(船橋市議)が言う。

「NHKの累積黒字は現在2000億円にも達し、『受信料が余っているなら視聴者に還元しろ』という声が出るのは時間の問題でした。そこで予算を使い切るために出てきたのが建て替えだったのです。『免震機能の強化』も『8Kスーパーハイビジョン対応』も、後付けの理由です」

 実際、2011年度末にプールされていた「繰越金」1441億円のうち400億円が、2012年度予算でこっそり「建設積立金」に組み替えられた。

「NHKは黒字になった予算は視聴者に還元すべき。自分たちの豪華な新社屋の建設に充てるのはおかしい」(立花孝志氏)

 NHKも文科省も“お役所の論理”は一緒。手にした予算はドブに捨ててでも使い切る腹らしい。

出典:新国立も顔負け…NHKは受信料で「3400億円」豪華社屋計画 | 日刊ゲンダイDIGITAL

	
NHK新社屋3400億円
NHK職員の平均年収1780万円
内部留保 1兆円
NHK受信料払う2千万人の非正規労働者の平均年収168万円
NHK受信料払う3千万人の年金生活者の年金は年50万円
	
NHKの新社屋建て替え費用3400億円なのか。東京ディズニーシー総事業費が3380億円なので海もういっこ作れるな。
国立競技場も。
	
▼NHK新社屋 2020年頃着工
3400億円 NHK新社屋(予定)
3350億円 東京ディズニーシー
2520億円 新国立競技場
1800億円 東京ディズニーランド
東京都庁の総工費:1569億円(第二本庁舎、議会庁舎共)

何を作る気だ?
NHKwww

	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21