• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
<これが世界的な傾向・・・> イタリア、原発再開を断念 国民投票で9割超が反対   アメリカも撤退傾向、ドイツは全面停止

<これが世界的な傾向・・・> イタリア、原発再開を断念 国民投票で9割超が反対   アメリカも撤退傾向、ドイツは全面停止

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Release Date:
<これが世界的な傾向・・・> イタリア、原発再開を断念 国民投票で9割超が反対   アメリカも撤退傾向、ドイツは全面停止

これは2011年のニュース。ドイツは全面撤退、全面停止に踏み出している。アメリカでさえ新規増設はなく撤退傾向が明らか・・・日本だけが異常な拘り様。小出先生が言うように核兵器製造プラントの位置づけが如何なる国民の犠牲を強いても貫徹すべきと命題にされているような猛進ぶりだ

 【ジュネーブ=藤田剛】イタリアで12~13日に実施された原子力発電の再開の是非を問う国民投票が成立し、政府の原発再開の計画を否決した。内務省の発表によると、投票率は約57%に達し、成立の条件である50%を上回った。福島第1原発の事故後、主要国での原発政策に関する国民投票は初めて。他国からの電力購入や再生可能エネルギーの利用拡大など戦略の練り直しは必至だ。

 暫定発表では投票者のうち95%が再開に反対票を投じた。欧州ではドイツが原発をすべて停止する関連法案を決定。スイスも既存原発の停止を決めた。ベルルスコーニ政権は1990年までに稼働を停止した原発の2020年までの復活を検討していた。

出典:イタリア、原発再開を断念 国民投票で9割超が反対  :日本経済新聞

	
原発撤退が相次ぐアメリカ なぜ簡単に原発からの撤退を決められるのか さんから

原子力政策の違いで、これほどコストや安全面で違うとは・・・
日本も産油国なら政策は変わっていただろうと思う。
	

原発撤退が相次ぐアメリカ なぜ簡単に原発からの撤退を決められるのか

「原発の停止は誰が決めるのか。 原子力防災担当相でもある丸川珠代環境相は「原子力規制委員会がご判断される」などと回答」

~ 大丈夫か、この人形。事故を起こす前から醜い責任のなすりつけ合い… 原発撤退しか無い。答えは出てる。
	

【川内原発】原子力規制庁に運転停止求める意見相次ぐ 丸川珠代環境相は...

原発是非の本質が示された!! これこそが今日の日本社会の実態だと思う・・・自立できない人間や町が原発に賛成する~小出裕章氏インタビュー

みんなが知らなければならない<ひとつ>の現実・・・日米原子力協定を破棄しなければ、脱原発は出来ない!!山本太郎が命懸けで叫んでいる日米原子力協定とは?米国に牛耳られた日本の原子力!

偽装社会の現実をそろそろ全員が知るべき時が来た!! 福島原発事故が捜査できない、原発ムラがやめらないカラクリ 外務省による日米原子力協定密約が根底にあった!これとほぼ同じ原理で49兆円の医療になって医原病が続出している!

ロシア政府が福島原発の原子炉閉鎖に助けを出すと日本政府に申し出る

原爆を作るために稼働させる原発・・・もんじゅは何もしなくても約2万4千世帯分の電気を使い、再処理工場は稼働していなくても年間1千百億円!

正気の沙汰ではない原発再稼働、原子炉は核兵器つくるための装置、子どもたちから問われる未来犯罪と呼ぶべき原発|小出裕章さん

これも、やはり・・・だ!!日本の原発推進派は完璧に狂ってる! 「世界からみても川内が動いている今の状態はクレイジイ!」

すべての原発に石棺でもして止めないと安心できない・・・震度5弱の地震が襲ってきても川内原発は止めないと九電が宣言?

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21