• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
戦後、日本人の食生活を変えた【 アメリカ小麦戦略 】とは~?? 日本はGHQ上陸の時から「食」もアメリカに支配されている

戦後、日本人の食生活を変えた【 アメリカ小麦戦略 】とは~?? 日本はGHQ上陸の時から「食」もアメリカに支配されている

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Release Date:
戦後、日本人の食生活を変えた【 アメリカ小麦戦略 】とは~?? 日本はGHQ上陸の時から「食」もアメリカに支配されている

『アメリカ小麦戦略』(食生活史研究家の鈴木猛夫著)より抜粋

■昭和20年代(1945年~)---アメリカで農産物の過剰生産、過剰在庫
 戦後日本人の食生活が急速に欧米化した裏にはアメリカの存在があった。アメリカは昭和20年代、小麦、大豆等の過剰生産、過剰在庫が深刻化し、その余剰農産物のはけ口として標的にされたのが日本である。
■昭和29年(1954年)---余剰農産物処理法(PL480)成立。
 昭和29年、アメリカは余剰農産物処理法 (PL480)を成立させ、日本に対する農産物輸出作戦に官民挙げて本格的に乗り出した。当時の日本側栄養関係者も欧米流の栄養学、食生活の普及、定着が必要だとしてパン、畜産物、油脂類などの普及を意図した「栄養改善運動」に取り組み、日米共同の食生活改善運動が推進された。
■アメリカ小麦戦略
 活動資金の多くがアメリカ側から提供されたが、そのことは当時も今もタブーとして長く伏されてきた。 これを一般に「アメリカ小麦戦略」という。
■昭和30~40年代(1955~1975年)---フライパン運動、学校給食など
 パンの原料である強力小麦は日本では産出できず、日本人がパン食を始めれば永久的に日本はアメリカのお得意になる。戦前まで少なかった油料理を普及させるためにフライパン運動を展開し、油の必要性を強調する栄養指導が熱心に行なわれた。トウモロコシ、大豆は家畜のエサであると同時に油の原料でもある。余剰農産物処理の観点から欠かせない重要な戦略であった。学校給食ではパンとミルクが無償援助され、子供のうちから洋食嗜好の下地を作ることにも成功した。
■昭和52年(1977年)マクガバンレポート(アメリカは気が付いた)
 アメリカ合衆国政府は1977年に 『 ガン、心臓病、脳卒中などの現代病は食生活の間違いで起こる"食源病"である』(マクガバンレポート)と解明して、欧米型の食生活の改善を促した。欧米型とは、脂肪と動物性たん白質、砂糖の過剰摂取。ビタミン・ミネラルや食物繊維の減少のこと。
■食料自給率たった四割
 「アメリカ小麦戦略」の成功で、小麦、大豆、トウモロコシの九割以上がアメリカをはじめとする輸入品。食糧自給率は四割以下で先進国中最低。
■問題は命にかかわる
 ここまでは、食生活が変わった~。美味しい食べ物のバリエーションが拡がった~。程度の認識でいいかもしれない。
しかし、問題は・・・別にある。
■子供が糖尿病にかかり、アレルギー疾患が蔓延している
 問題は、欧米型食生活にともなって病気もまた欧米型となり、日本人の健康状態が非常に懸念される状況になってきたことである。戦前まで少なかったガン、糖尿病、動脈硬化、心臓病、痛風などのいわゆる欧米型疾患は子供にまで広がり、アトピー、花粉症、喘息などのアレルギー疾患も増加の一途である。糖尿病は予備軍を含めて1620万人にのぼり糖尿病に子供が苦しむという前代未聞の事態になってしまった。痛風患者も予備軍を含めて560万人とも言われる。

出典: 日本の「食」もアメリカに支配されている - るいネット

	

誰でも肯く筈・・・GHQが持ってきて日本人に根付かせ日本人を駄目にしている厳選5!!

2週間「小麦粉断ち」すると痩せて美肌になる理由【お米はOK】 パンや麺類などの小麦粉製品に含まれる「グルテン」の摂取を控えるだけで、痩せて体調がよくなるんですって。小麦粉抜きダイエット!

健康そうなフリして実は体に超悪い食べ物5つ

・日本人へ回帰する事を身近なところから実践する事を続けましょう​。GHQの日本人劣化政策(塩&米の摂取減)(牛乳&肉&小麦粉の摂取増)に気づき生活・意識の改善からです。GHQと米国企業の都合で、日本に成人病&薬漬けが急増した。特に牛乳摂取は問題だらけ、ググれ⇒マクガバンレポート
	
個人的に、GHQの占領政策で舌を巻いたのは食料政策です。
ご存知でしょうが、SCAP284で生鮮食品、730・818で小麦粉を日本に引き渡す指令を出し、SCAPINー1988で、学校給食用の脱脂粉乳を無料で配る指令を出しました。
	
余剰小麦粉を敗戦国日本に売りつけたい希望がGHQにあり、そのために
日清製粉と結びついた
GHQが日本弱体化のためにプロテスタントとカトリック問わず、キリスト教をそのツールに使った
	

和食回帰の動きも起きている、なぜ和食が日本人に合ってのか―? 武庫川女子大学国際健康開発研究所(兵庫県西宮市)の家森幸男所長

江戸時代には多種多様な英才がいた・・・それだけ優れた社会だった! 「運は食なり」と喝破し、食事を少なく粗食にすれば運がひらけると断言した水野南北

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21