• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
優秀すぎる虫のお医者さん。尿一滴でがん発見率95%!しかも費用は数百円!

優秀すぎる虫のお医者さん。尿一滴でがん発見率95%!しかも費用は数百円!

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Release Date:
優秀すぎる虫のお医者さん。尿一滴でがん発見率95%!しかも費用は数百円!

がんの診断で、画期的な研究結果を九州大などのチームが発表しました。それは「線虫」という長さ1mmほどの微生物を使った尿検査。がんの有無を95%以上の確率で発見できるというのです。 しかもその検査にかかる費用は、100円から数百円程度というから驚きです。また検査期間も、これまで数週間かかっていたものが、1時間半ほどという早さで結果が出るそうです。 また、検査に必要なのは尿だけ

線虫は「がん」の匂いがお好き?

研究グループは、線虫の一種が胃のがん細胞に食いついていたことに着目しました。今回の実験に用いた線虫「C. elegans」は、なんと犬並みの嗅覚を持ち、好きな匂いに集まる習性があるそうです。

(線虫は)がん患者の尿には誘引行動を、健常者の尿には忌避行動を示すことがわかった。また、テストをした数十種類のがんすべてに反応を示しただけでなく、早期がんに対する反応も確認された。さらに、線虫を利用したがん診断テストを実施したところ、感度(がん患者をがんと診断できる確立)は95.8%、特異度(健常者を健常者と診断できる確立)は95.0%だった。

出典:優秀すぎる虫のお医者さん。尿一滴でがん発見率95%!しかも費用は数百円! – grape [グレープ] – 心に響く動画メディア

	

早期発見が難しい「すい臓がん」にも反応

そのがんの発見確率は95.8%で、現在行われている血液採取検査よりも高い精度でした。また、がんの種類や進行度にかかわらず判別でき、早期発見が難しい「すい臓がん」にも反応します。

苦痛がない:尿サンプルを解析。必要な尿はわずか 1 滴!
簡便:尿の採取に食事などの特別な条件は定めていません。通常の健康診断などで採取した尿を使え ます。また医療機関に行く必要がないため、地域間格差もありません。
早い:診断結果が出るまで約 1 時間半です。
安価:1 検体あたり数百円で検査できます。機械化されればより安価に。検査システムの立ち上げコ ストも安価であり、開発途上国での導入も期待できます。
すべてのがんを 1 度に検出可能:これまでに調べた 10 数種類のがんについてすべて検出可能でした。 その中には早期発見が難しい膵臓がんも含まれています。
早期がんを発見できる:ステージ 0、1 の早期がんや、従来の検査では見つけられなかったがんにつ いても検出可能でした。
高感度:感度 95.8%という結果が得られています。
九州大学プレスリリース ーより引用

現段階では全ての種類のがんを検出できる反面、がんの種類を特定できていない状況です。ですが、既に特定のがんにだけ「反応することができない」線虫の作製には成功しており、研究が進めばより精度が高くなっていくでしょう。九州大学では日立製作所と共同開発を進め、2019年頃の実用化を目指しています。

日本人の3大疾病である「がん」。治療には早期発見が非常に大切と言われています。このような研究が実用化されて、「がん」にかかってしまった患者さんが一人でも多く、一日も早く適切な治療を受けられるようになったら素晴らしいですね。

出典:優秀すぎる虫のお医者さん。尿一滴でがん発見率95%!しかも費用は数百円! – grape [グレープ] – 心に響く動画メディア

	
死の瞬間に蛍光色を放つ線虫は学名をCaenorhabditis elegansという。この線虫が、癌患者の尿に好んで寄っていくことが現世の研究でで明らかになったらしいな。癌の匂いを好むなんて変態に思えるが、透き通った小さい身体の可愛い奴なんだぜ。
	
線虫(体長1㎜)で癌の有無を尿から判別することに成功した。 そのがんの発見確率は95.8%
	
8日の日経新聞に載ってた。癌の検査が安く上がるようになるのかな?

線虫でがん発見へ臨床研究 南風病院と九大:日本経済新聞
	
がんの有無を95.8%発見するのに必要なのは「尿1滴」と体長1mmの「◯◯」

これ癌を食べてる線虫の可能性ない?
	

がんの有無を95.8%発見するのに必要なのは「尿1滴」と体長1mmの「◯◯」

世界が注目!!「癌細胞を死滅させていた」日本の習慣とは?  日本人のお風呂習慣が?癌細胞を殺す

一目で誰でもわかる、誰でも即できる・・・がんの自己治療法! 世にも美しいガンの治し方

日本のマスコミはなぜ隠す??? 医師会がそれほど怖いのか? 「抗ガン剤では患者は救えない」「投与でガンは悪性化する」「腫瘍を治療しないほうが長生きする」・・・アメリカ議会 ガン問題調査委員会「OTA」(Office of Technology Assessment)レポート

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21