• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
<こういうの好きなんだなぁ~また発見された神秘の世界!!> アンデス山脈の湖の中から透けて見える地下都市

<こういうの好きなんだなぁ~また発見された神秘の世界!!> アンデス山脈の湖の中から透けて見える地下都市

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Release Date:
<こういうの好きなんだなぁ~また発見された神秘の世界!!> アンデス山脈の湖の中から透けて見える地下都市

アンデス山脈の湖の中には不思議な構造物があるようです。世界の他のエリアの湖にも何等かの構造物があるのが発見されていますが。。。グーグルアースのおかげで、今まで見えなかった物が鮮明に見えるようになりました。グーグルアースで世界中を探検している人が多くいるようです

湖の底が集積回路のように見えるのは明らかに何等かの構造物があるということです。まさか。。。このような模様が自然にできたとは考えられません。
特にチチカカ湖あたりではUFOが度々出現するそうですから、ひょっとしたら。。。地下都市に住むエイリアンのUFOかもしれませんね。チチカカ湖は人類文明発祥の地と言われているようですが。。。これは父母湖という意味でしょうか?

出典:日本や世界や宇宙の動向 : アンデス山脈の湖の中から透けて見える地下都市

	
グーグルアースにより世界中の湖の底に集積回路のような構造物があるのが確認できます。特にペルーやリマの湖にはそのような構造物が湖の中から透けて見えています。
以下のビデオをご覧になると、ペルーのアンデス山脈にある複数の湖の底から、(古代都市ではなく)非常に進んだ文明の地下都市(構造物が)が透けて見えるのが分かります。これらの構造物は地球内部にある都市の上部であり、地下への入り口があるようです。 

出典:日本や世界や宇宙の動向 : アンデス山脈の湖の中から透けて見える地下都市

	
	
グーグルアースで、ペルーのアンデス山脈の湖の中に未知の構造物が透けて見えています。これらは複数の建物が集まった場所か都市のように見えます。2000年に国際考古学者チームが世界で最も標高が高い湖であるチチカカ湖の底に古代の寺院があるのを発見しました。この湖の周辺には地下都市(ロナクとインケブール?)についての伝説が残っています。インカでは、チチカカ湖が人類文明の発祥地所だと考えられていました。ドイツは、敗戦後に多くの軍関係者がこの地域に移住し、古代の地下都市と同じ方法で地下施設を築いたそうです。
ニコラ・テスラが開発したテクノロジーはこれらの地下都市で開発されたものだと言われています。この辺りは、多くのUFOが目撃されています。
このようにグーグルアースを通して、湖の中に何等かの構造物が実在することが分かりました。これらは一体何なのか。。。今後も調査を継続したいと思います。
これらの構造物はマチュピチュと良く似ていませんか。

出典:日本や世界や宇宙の動向 : アンデス山脈の湖の中から透けて見える地下都市

	
⑮実際、スイスの考古学者デニケンが、エクアドルの古代地下都市跡で日本の縄文土器と「アンデスの黄金版」を発見、これを出雲文字で解読した結果、「マヤやインカ文明を作ったのは、日本の古代海洋民である」と公表しています。
	
ここではないですが、 湖の中のUFO基地の中に居た記憶があります(:3っ)∋ 結構同じ感じで記憶持ってる人いるんじゃないかな? アンデスの湖の地下都市
	
本当に見えるよ! アンデスの湖の地下都市
	
「アンデスの地下都市から発見された 「日本の古代文字」」 http://amba.to/gjJ0Qi
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21