• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
安倍晋三首相だけが消えた・・・! 世界はドライに見抜いている~日本人として喜ばしいのか?悲しいのか?なんとも奇妙な心境・・・!

安倍晋三首相だけが消えた・・・! 世界はドライに見抜いている~日本人として喜ばしいのか?悲しいのか?なんとも奇妙な心境・・・!

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Posted date:
安倍晋三首相だけが消えた・・・! 世界はドライに見抜いている~日本人として喜ばしいのか?悲しいのか?なんとも奇妙な心境・・・!

6月7、8日、ドイツで開かれたG7サミット。 グローバリスト勢は、やはり安倍排除のようだ。喜んでいいのか、悲しんでいいのか。 「安倍さーん、またどっかへ行っちゃった」

我らが安倍首相は、どこに・・・

いたいた、ここに。オバマの陰に隠れて「影も形もない」が。

プレスのフォトグラファーがあと30cm左に寄れば、かろうじて我らが安倍首相も入ったのだが、そうするとカナダのハーパー首相が、ドイツのメルケルの陰に隠れてしまう。

はいはい、仕方がなかったのだろう。「えいやっ!」で安倍首相をアングルからはずした??

さすが、グローバリズムの流れの中で、そろそろその役割を終えつつある読売は、アングルを変えた写真を掲載している。ちゃんと安倍首相が入っている。

つまりだ、海外メディアは、意図的に安倍外しをやっている、ということ。

では、こちらはどうだ・・・

出典:安倍晋三首相だけが消えた・・・第二弾 | カレイドスコープ

	
い、いない・・・

やはり、メルケル、オバマがセンターに陣取っている。
こうした場の写真は、すごく重要なのだ。

西側(新世界秩序)世界の舵取りは、この二人を軸に動いている、という暗示なのである。

この後に、読者から寄せていただいた情報・・・

出典:安倍晋三首相だけが消えた・・・第二弾 | カレイドスコープ

	
「ウイーンの仲間が送ってくれた。G7を報じるドイツの大衆紙。首脳が並ぶが、あれ?安倍首相って参加してたんじゃなかったっけ?いえ、存在はしているのですが見事に写っていない。それだけ影が薄かったのかも。 」(内田氏のツイート)

英国のメディアだけかと思ったら、ドイツのメディアでも「うまくトリミングして安倍だけ排除」。

これは、もう確実。世界の指導者たちは、「安倍とは話したくない」という強烈なシグナルを送っているということである。

出典:安倍晋三首相だけが消えた・・・第二弾 | カレイドスコープ

	

「安倍首相のアドバイスは聞く価値なし」英デーリー・テレグラフが酷評「日本経済は大失敗した。(日刊ゲンダイ)

【母校の恥】安倍総理の母校成蹊(せいけい)大学から抗議声明!「知ってますか?就活で母校の名前を答えると「ああ、安倍晋三のね」と冷笑されることを」

TV新聞の世論調査は<全部>嘘です!4倍に捏造

「I am not abe」に首相官邸が大激怒!報じた番組に官邸から抗議の電話ともいう ・・・だったら、これを合言葉に官邸を囲めばいい!!!

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21