• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
食事が不要になる完全栄養食「ソイレント」がついに出荷を開始

食事が不要になる完全栄養食「ソイレント」がついに出荷を開始

Original:

Soylent - Free Your Body

Posted date:
Update date:2014年06月15日
食事が不要になる完全栄養食「ソイレント」がついに出荷を開始

過去に見た未来が次々と現実となっていく世界ですが、ここでもう一つ想像していた製品が世に初出荷となりました。

飲むだけで1日に必要な栄養を全て摂取できるという「Soylent(ソイレント)」です。

1日に必要な栄養素を全てまかなえるソイレントは、飲むだけで日々の食事から解放されるというプロテインタイプの栄養食品。まさに忙しい人向けの食品で、クリエティブな職全般、オンラインのゲーマー、有名人などから注文が殺到する事が予想されます。

製品化のためクラウドファンディングで資金を募ったところ、まさに上記に書いたカテゴリーの人達から、目標金額の10万ドル(約1000万円)に対して、なんと200万ドル(約2億円)以上の熱烈な出資を集めました。資金調達から製品化までは約1年を要しましたが、ついに2014年4月21日(現地時間)から初回生産分のソイレントの出荷が始まっています。

初回生産分の「ソイレント1.0」は、品質テストの結果、20ppmのグルテンが含まれており、グルテンフリーにはできなかったとのこと。今後の生産分についてはグルテンフリーを実現するべくオーツ麦が使われる予定です。

すでに30日間ソイレントだけで過ごしたレポートも登場しており、本当に食事が不要だったことが証明されています。

ソイレントの値段は?

ソイレントは、1週間パックの価格が65ドル(約6650円)/1食あたり3.1ドル(約317円)、2週間パックが130ドル(約1万3300円)/1食あたり3.1ドル(約317円)、1か月パックが255ドル(約2万6110円)/1食あたり3.04ドル(約311円)で注文可能。

それぞれ専用のピッチャーと計量スプーンが付属します。なお、現在のところ発送はアメリカ国内に限られています。

「ソイレント」だけを30日間飲んで過ごすとどうなるのか?

では、実際に30日間ソイレントだけを飲んで過ごすとどうなるのか、自らの体を実験台にした男性のドキュメンタリームービー「Soylent: How I Stopped Eating for 30 Days」が公開されており、普段感じられない「食べるという行為」の本当の意味を知られる内容になっています。

30日間のソイレント生活を達成したお祝いに、レストランで念願のフライドチキンを食べるマーチャントさんにようやく笑顔が戻りました。マーチャントさんはフライドチキンを1口食べて「口の中や食道、胃で食べ物が動いているのを感じます」とコメントし、食べるという行為に幸せを感じているそうです。

マーチャントさんは「30日間を通して肉体的な問題を抱えることはありませんでした。もしソイレントが適切な臨床試験を通過したなら、もう一度食べてみるかもしれないね。ただ、今回の実験のおかげで、食べるという行為は幸せなことだと気づきました」とソイレント生活の感想を語っています。

ソイレントだけ食べ続けても健康に問題はありませんが、ムービー中の医者が話していたように「食事」は栄養を取るためだけの行為ではありません。ですので、ソイレントを主食ではなく副食として扱うのであれば、何ら問題がないように見えます。

なお、ソイレントは2014年中頃からはアメリカ国外への発送を受け付ける予定とのことなので、日本からも購入できるようになるかもしれません。

現時点では完全に脱食事は難しく「ソイレント」は非常食としては非常に魅力的な食品です。食事は「Soylent: How I Stopped Eating for 30 Days」で語られている通り栄養を摂取する為だけではなく、あごの運動、胃関連の運動が人間の健康に密接に関わっています。

ですが、『ソイレント』は「飢餓を救う」「肥満対策」「アレルギーの有無に関わらず摂取できる」「食料コストの大幅なカット」「長期保存できる」など利点があり、世界を変える食品として世界中で大注目されています。日本でも上陸を待ち望んでいる人は多いと思います。日本で手に入れられるのは(発注で)2014年中頃とされていますので期待して待ちましょう。

ソイレント公式サイト:Soylent

暮らし・アイデア

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
マツオカソウヤ

プログラマー。Sharetube作ってる人。サーバ周り、サービス設計、システム、デザイン、執筆を手掛ける。SNSのJoinchrome、ソーシャルRSSのBazzfeed、TwitterアプリのPicleの失敗を経て、今に至る。今日もまた東京の何処かでコードと記事を書いています。