• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
鎌倉市の津波のシミュレーションが超リアル!

サムネイル出典:

鎌倉市の津波のシミュレーションが超リアル!

Author:
DimaDima
Posted date:
鎌倉市の津波のシミュレーションが超リアル!
観光客で賑わう鎌倉市が津波のシミュレーションをたてました。
そのリアルな映像をごらんください。
「津波は水深の深いところではジェット機並みのスピードで動き、海が浅くなるに連れて速度が遅くなります。推進30mでおよそ時速36kmです。」それでもすごいスピードですね。
こちらはインドネシアスマトラ大地震の大津波。
津波が迫っているのに人が逃げないのが不思議です。津波の恐ろしさを知らないのかもしれません。
こちらは3.11の映像です。『Russian Today』の映像。
破壊し尽くしながら進むという感じです。
大地震による津波の映像は何度見ても戦慄が走ります。

このような事が今後日本のどこかで起きるいや起こされる恐れは十分にあります。
「人工地震」を陰謀論と決めつけて笑って聞き流す時代はもう既に終わっています。
1945年に既に攻撃方法として「人工地震」が日本に対して使われていたことを知りましょう。
戦後、いくつかの「人工地震」で日本は”攻撃”されてきたことに気づかなければなりません。
我々は地震を引き起こす側の人間を知りません。しかしながら、政治的なせめぎ合いの中で起こされてきているようです。
「日本は元々地震国なので地震で脅すと弱い」これが日本を攻める(脅す)時の正攻法として使われているのです。
自分たちの言うことを聞かせるための道具として、つまり脅迫の道具として日本に対して「人工地震」を引き起こしているのです。「そんな恐ろしい事をするわけがない」と思いますか?
そういう事を平気でする奴らが世界には存在しているのです。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
Dima

小さな団体の非常勤役員です。海外に行くと逆に日本がよく見えますし、一人の時間を楽しめますので、年に数回は東南アジアに足を運びます(海外に永住権を持ってます)。また南国の暖かい気候は脳神経や血行に良いと実感します。 異常さの中に浸かっていると自分の異常さが見えなくなります。 さて日本はこの先いったいどこに向かうのでしょうか?