• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
東京2020年オリンピック招致で秘密の支払いが調査されたことからロンドンでの開催が構想される。

東京2020年オリンピック招致で秘密の支払いが調査されたことからロンドンでの開催が構想される。

Author:
Fossils15Fossils15
Release Date:
東京2020年オリンピック招致で秘密の支払いが調査されたことからロンドンでの開催が構想される。
イギリスのデイリーメール・オンラインは5月13日、シンガポールのコンサルタント会社に日本の招致委員会が払った2億3千万円が調査され東京が大会開催を剥奪されてもロンドンに戻すことができると報じた。
”東京に敗れたイスタンブールの2020年オリンピック招致入札に関わった上層部は、フランスの犯罪捜査で日本人が陸上競技の汚職スキャンダルの中心となった会社に不正な支払いをしたと結論した場合、2020年大会はロンドンで開催することになるかもしれないと語った。

”フランスの金融調査官は「2020年東京オリンピック招致」と称する日本の口座から、陸上競技の違法薬物使用者(ドーピング)から強奪したお金の洗浄が疑われているシンガポールを拠点とする「Black Tidings」 (黒い便り)社への2回の支払いを確認し調査に乗り出した。

出典:London in the frame to host 2020 Olympics as Japan bid probed over secret payments | Daily Mail Online

	

調査中のPapa Massata Diack(パパマッサタ・ディアック)中央

			
そして、このマネーロンダリングが疑われている会社の関係者は日本ですでに報道されている、元国際陸上競技連盟会長のLamine Diack(ラミーヌ・ディアック)の息子Papa Massata Diack(パパマッサタ・ディアック)で、彼らはともにフランス当局による犯罪捜査の対象であるという。

2020年東京オリンピックの入札のためにこのような犯罪捜査の対象となった会社にコンサルタント料金を払った日本の関係者は「正当な招致活動」と言い張るばかりで、何のために大金を払ったのかさっぱりわからない。国会では、馳浩文部科学大臣は、
”日本はイスタンブールとマドリードとたたかっていた。票読みでは(13年)7月の段階で負けていた」と説明。理由について「最大は(東京電力福島第一原発の事故による)汚染水問題。どう対抗したらいいか作戦を練り上げた」と語った。

出典:「コンサル会社、IOC集まる場に強み」 要求され2.3億円支出 文科相:朝日新聞デジタル

	
その作戦の成功のために大金をコンサルタント会社に払ったのだと推察されるが、その支払い先が放射能にまみれた「汚染水」との関係は全く不明だ。汚染されたお金をきれいにするマネーロンダリングがフランス当局に疑われる「黒い便り」社とあってはなんとも情けない。
そんなわけで2020年オリンピックの開催はどうなるのか。もし東京が開催権を剥奪された場合、招致を争ったイスタンブール、トルコのオリンピック委員会副事務総長Yalcin Aksoyは調査の深刻さを認識した上で、
”イスタンブールやマドリードが大会会場を築くのでは間に合わないので、2012年にオリンピックを開催しすでに施設のあるロンドンに返さなければならないでしょう。それはIOCの権利です。東京がこのお金を送金したのであれば彼らは何をすべきか正しい新判断を下すと私は信じています。

出典:London in the frame to host 2020 Olympics as Japan bid probed over secret payments | Daily Mail Online

	

徹底的に調べられる「東京2020オリンピック大会招致」と称する銀行口座からの二つの送金

			
IOC賄賂疑惑に登場する会社「Black Tidings (黒い便り)」は、ヒンズー語で、「ブラックマーケティング」、あるいは「ブラックマネーの洗濯」を意味するとある。 これが本当なら、分かりやすい名前
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
Fossils15