• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
東京五輪が、本格的に「中止」となる可能性が浮上!ロンドン開催に変更か!

サムネイル出典:

東京五輪が、本格的に「中止」となる可能性が浮上!ロンドン開催に変更か!

Author:
gulugoogulugoo
Posted date:
東京五輪が、本格的に「中止」となる可能性が浮上!ロンドン開催に変更か!

「東京五輪中止、ロンドン開催」の可能性が本格浮上。もはや 「誰も望まない五輪」への変貌と、森喜朗会長の「戯言」

2020年の東京五輪が、本格的に「中止」となる可能性が浮上した。

 2020年夏のオリンピックの東京への招致に関連して、日本側が国際陸上競技連盟に協賛金を振り込んだ可能性があるとフランスの検察当局が明らかにし、本格的に捜査を始めた件。仮に不正が見つかれば、開催地が「ロンドン」に変更される可能性があると、海外mailOnlineが報じた。

出典:東京五輪「中止」でロンドン開催も? 海外メディアが報道 - ライブドアニュース

	
東京五輪招致委員会は、シンガポールのブラック・タイディングス社に2回にわたって2億超にもなる金額を送金。受け取ったのは国際陸上競技連盟会長ラミーヌ・ディアク氏の息子、パパ・ディアク氏とのこと。JOCはこの金銭のやり取りを「コンサル料」や「成功要因分析」としているが、受け取りの張本人であるパパ・ディアク氏と現在連絡が取れず隠れているという状況を考えれば、説得力には乏しいだろう。

この「裏金問題」には、五輪開催の際にそのマーケティング部分を掌握する大手広告代理店の電通が絡んでいるという情報もあるが、ペーパーカンパニーを経由して送金していたという事実からも疑いの目を向けざるを得ず、堂々とコンサル費を支払わなかった事実も説明がつかないだろう。まだ不正が確定したわけではないが、極めて厳しい状況といえる。最終的にはIOCが決定を下すので一概にはいえないが、情勢は最悪である。

出典:東京五輪「中止」でロンドン開催も? 海外メディアが報道 - ライブドアニュース

	
【「東京五輪中止、ロンドン開催」の可能性が本格浮上。もはや 「誰も望まない五輪」への変貌と、森喜朗会長の「戯言」】そうです虚偽で招致した五輪に使うお金はら3・11や熊本復興に使うことの方が国民は納得出来るし最も有効な使い方です。
	
「東京五輪中止、ロンドン開催」の可能性が本格浮上。もはや 「誰も望まない五輪」への変貌と、森喜朗会長の「戯言」【ビジネスジャーナル】
	
日本の役人は前例のないことはやりたがらないが、東京五輪中止は前例があるから、きっと、中止返上もうまくやってくれる。安心して中止すればいい。
	
東京五輪中止を求める声がしだいに高まっているように感じるが、もはや後戻りできないのだろうか。それにしても、言い出しっぺである石原慎太郎元都知事の責任を問う声がほとんど出てこないのは、不思議に思う。この人ならなにをいっても仕方ない、といった雰囲気がありはしないか。
	
1940年東京五輪中止から80年の節目の2020年、再び東京五輪を中止したら五輪史上に残るよ。二度も五輪中止した都市って。むしろそれをやるために開催決定したと未だに信じてる。

	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
gulugoo

面白い事を紹介していきます。 よろしくお願い致します。