• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
「宇宙人はネバダ州の米空軍基地で働いている」と、カナダ元国防相が語る!

サムネイル出典:

「宇宙人はネバダ州の米空軍基地で働いている」と、カナダ元国防相が語る!

Author:
gulugoogulugoo
Posted date:
「宇宙人はネバダ州の米空軍基地で働いている」と、カナダ元国防相が語る!

カナダ元国防相のヘリヤー氏「宇宙人はネバダ州の米空軍基地で働いている」

いつの頃からか「宇宙人はすでに地球を訪れている」と都市伝説のように伝えられていたが、この噂に密かにうなずく政府関係者も多いと聞く。そんななか、1963年~67年の間、カナダの国防相を務めたポール・ヘリヤー氏がカルガリー大学の講演会で「宇宙人は何千年も前から地球を訪れており、人類に失望している」と主張。

出典:カナダ元国防相のヘリヤー氏「宇宙人はネバダ州の米空軍基地で働いている」 | 変なニュース

	
	
ヘリヤー氏によると地球には4種類の宇宙人が訪問してきており、中には我々に紛れて暮らしている宇宙人もいるということだ。ヘリヤー氏は具体的に3種類の宇宙人の特徴を語り、背が高く白人に似ている「トールホワイト」、身長が150cmほどで大きな頭と細い手足を持つ「ショートグレイ」、ほかにも北欧人のような外見の金色の髪の宇宙人がいるという。

そして、「トールホワイト」は、ネバダ州にある米空軍基地で働いていると公言しており、米政府の宇宙人隠蔽説を支持する人々の間で話題になっているのだ。

ネバダ州には「クリーチ空軍基地」や映画『トップガン』の舞台にもなった「ネリス空軍基地」が存在するが、偶然にもロズウェル事件に関与しているとされる米軍機密基地「グレーム・レイク空軍基地(通称:エリア51)」もある。

出典:カナダ元国防相のヘリヤー氏「宇宙人はネバダ州の米空軍基地で働いている」 | 変なニュース

	

エリア51とは

アメリカ空軍によって管理されているネバダ州南部の一地区。正式名称は、グルーム・レイク空軍基地。

アメリカ軍機密の航空機のテストを古くから行っていたとされ、近年では、特にステルス機の試験飛行を行っていると考えられている。また、「墜落したUFOが運び込まれているのではないか」とか、「ロズウェル事件と関係しているのではないか」さらに、「グレイと呼ばれる宇宙人が居るのではないか」とも疑われていたが、軍事機密解除を受け、元職員が録音下で証言を行ない否定されている。

いずれにしても、何らかの機密事項が基地内に存在することから、基地の敷地周辺の立ち入りはもちろん、撮影も一切禁止されており、これを無視して進み憲兵や衛兵に見つかった場合は不法浸入者として逮捕され、処罰の対象となる。特に不審な場合は警告無しに発砲される場合もある。

出典:エリア51 - Wikipedia

	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
gulugoo

面白い事を紹介していきます。 よろしくお願い致します。