• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
お前が言うか?次長課長・河本の舛添発言!売名か?

サムネイル出典:

お前が言うか?次長課長・河本の舛添発言!売名か?

Author:
gulugoogulugoo
Posted date:
お前が言うか?次長課長・河本の舛添発言!売名か?

舛添発言でまた物議?次長課長・河本の懲りない炎上劇

次長課長・河本準一(41)が5月21日、Twitterで政治資金の公私混同疑惑で取り沙汰されている東京都の舛添要一知事(67)について「中途半端で辞めさせてはいけない」と、持論を展開した。確かにそういう考え方もあろう。しかしながら、河本準一には2012年に発覚した母親の生活保護受給で大批判を浴びた過去があるだけに、関係者からも「自己を省みない軽率な発言」と呆れられている。

河本が言及したのは、舛添知事が行った記者会見について。Twitterで「44回も第三者と言う言葉を口にした。外部の専門家の事を言いたいのだと思うが、本当の第三者は都民である。定例会見で説明するのが筋」と批判。さらに、「これでまた困った時の辞任。これは人も悪いが制度がもっと悪い。変えないと一生続く。一つのミスですぐ辞任。中途半端で辞めさせてはいけない」と、舛添氏の辞任には反対している意向を明らかにした。

「なぜ河本が、よりによって税金絡みのニュースに対して御意見番のようなツイートをしたのか、理解に苦しみます」

「河本は生活保護問題で国民からバッシングを受け、一時期はテレビから干されていた。それなのに舛添氏を非難し、そのうえ知事職は続投するべきとしている。Twitter上では案の定、生活保護問題を蒸し返されるなど大きな“炎上”に発展しています」

出典:舛添発言でまた物議?次長課長・河本の懲りない炎上劇(1ページ目) - デイリーニュースオンライン

	

お忘れですか?次長課長・河本準一、芸能人生活保護不正受給問題

河本は都内で会見を行い、不正受給の疑惑については完全に否定したものの、「本来は自分がしなければならなかったものを、岡山の福祉の方にやってもらっていた。認識が甘かった。むちゃくちゃ甘い考えだった」と涙ながらに謝罪。母親への援助がなおざりだった点については、「全て福祉の方と相談して決めていたことなので、問題があるとは思わなかった」「収入が安定せず、不安を抱えながら毎日を送っていた。

スーパーで働いていた母親は1997年頃に病気を患い、医師から働くことを止められる。母親は自分で生活保護の受給を決め福祉事務所に相談、受給にあたって事務所側は実子である河本に母への援助を打診するも、「(自分の)年収が100万円にも満たず、申し訳ないが面倒を看られない」との報告を受けたため、受給が認められる。やがて、河本の出演番組が次第に増えたことにより、収入が増加したと判断した担当職員から再度援助が求められ、2006〜2007年頃に母への援助を始める。これにより生活保護費は減額されたが、母親はその後も受給を続けたため、担当職員は再度河本に仕送りの増額を打診し、2012年1月より増額。なお、同じ頃に母親は脳梗塞を患っている。4月に入り、前述の女性セブンによってこの受給が批判的に報じられると、母親は自ら受給を停止したという

出典:芸能人生活保護不正受給問題 - Wikipedia

	
売名でしょ!相手にしたらダメ!本人はしめしめって思ってるよ。RT舛添発言でまた物議?次長課長・河本の懲りない炎上劇
	
次長課長の河本準一 舛添要一知事についてのTwitter発言がまた炎上か? - ライブドアニュース

こいつも みの と同じで世間の反応を確かめているんじゃないか?
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
gulugoo

面白い事を紹介していきます。 よろしくお願い致します。