• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
悲しすぎる!犬の安楽死、処分が辛すぎて自殺した女性動物保護施設管理者!

サムネイル出典:

悲しすぎる!犬の安楽死、処分が辛すぎて自殺した女性動物保護施設管理者!

Author:
gulugoogulugoo
Posted date:
悲しすぎる!犬の安楽死、処分が辛すぎて自殺した女性動物保護施設管理者!

犬の安楽死に耐えかねて自殺、動物保護施設管理者が迎えた悲しい結末。

台湾の動物保護施設センターで管理者として働いていた、簡稚澄さんという31歳の女性が自殺した。

国立台湾大学の獣医学部をトップの成績で卒業した彼女。同僚からも「優しく、プロフェッショナルな人物」として認められていたが、保護施設の過密問題のために、彼女は2年間に700匹の犬を“処分”しなければならなかった。動物に対し愛情と信念を持って接し続けていた簡さんは落ち込む毎日の中で、安楽死の処置を行って死にゆく犬を何度も抱きしめていたという。

しかし動物保護団体は簡さんを槍玉に挙げて「美しき死刑執行者」「美しき屠殺人」と厳しく批判し続けた。そして先日、思い詰めた簡さんは犬に投与してきた安楽死用の注射を自分にも打ち、昏睡状態に陥ってそのまま息を引き取ることに。

出典:犬の安楽死に耐えかね自殺 動物保護施設の管理者が迎えた悲しい結末 - ライブドアニュース

	
🌟仕事とはいえ きっと沢山の従事者の方が同じ思いに苦悩していると思う。悲しいね。

犬の安楽死に耐えかねて自殺、動物保護施設管理者が迎えた悲しい結末。
	
だいぶ前からずーっとずーっと言ってますがペットは免許制にすべきです。何より動物のためです。なんどでも言うぞ、ペットは免許制にすべき(´・ω・`) --- 犬の安楽死に耐えかねて自殺、動物保護施設管理者が迎えた悲しい結末。
	
台湾では注射による処分が普通なのだろうか?だとしたら、日本よりはマシ。日本はつくづく、遅れた国だなあ。→犬の安楽死に耐えかねて自殺、動物保護施設管理者が迎えた悲しい結末。
	
犬の安楽死に耐えかねて自殺、動物保護施設管理者が迎えた悲しい結末。 |
日本で処理される犬猫の数は数百匹なんてレベルじゃありません。心を痛めてる人もたくさんいます。
	
犬の安楽死に耐えかねて自殺、動物保護施設管理者が迎えた悲しい結末。(2) |

やり切れないニュースだ。
真に責めるべきは安楽死させなくてはならない状況に犬を追い込んだ人間だろうに
	
犬の安楽死に耐えかねて自殺、動物保護施設管理者が迎えた悲しい結末。→ この人には酷な仕事だった。いやこの仕事が天職である人間なんかいない。全く気の毒な「事件」だ。それに対しよくも酷な意見を言えるもんだ。想像力欠如も甚だしい。人間失格。
	
殺処分をしているのは、そういう法律を作った国民全員だから、別に彼女が殺したわけではない。日本でも全く同じ事が行われているのだが、みんな見て見ぬ振り。最低だね。→犬の安楽死に耐えかねて自殺、動物保護施設管理者が迎えた悲しい結末。
	
動物保護団体が何故この立場の人達を批判をするんだ。共に闇を見据えながら動物を取り巻く環境を改善していく団体だろうに…多分形骸化してるんだな。 --- 犬の安楽死に耐えかねて自殺、動物保護施設管理者が迎えた悲しい結末。
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
gulugoo

面白い事を紹介していきます。 よろしくお願い致します。