• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
「いつか科学の最前線に戻ることを心から願っている」小保方氏・・・頑張れ!!

「いつか科学の最前線に戻ることを心から願っている」小保方氏・・・頑張れ!!

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Release Date:
「いつか科学の最前線に戻ることを心から願っている」小保方氏・・・頑張れ!!

小保方さん! 貴女は、どれほど危険な情況に置かれているか、 ご存知ないのですか!?「STAP細胞の研究が科学の最前線に戻ることを願う」――。 理化学研究所の元研究員・小保方晴子氏(32)が STAP細胞の作製手順を公開するサイト“ホープページ”を開設した。 ホームページ内は全文英語表記。 「あいさつ」と書かれた部分では「『STAP論文』について、 科学者として深い反省と心からの謝罪を表明する」と陳謝。 自身については「うつ病の治療中で、精神的、身体的に万全ではない」と 説明し、「いつか科学の最前線に戻ることを心から願っている」と “希望”が書かれていた。

代理人弁護士によるとホームページについて

「将来的にSTAP現象に興味を持った科学者が
研究に取り組めるよう手助けをしたい」と話し、
今後は体調を見ながら作製手順を更新するという。

小保方氏は今年1月に著書「あの日」(講談社)を出版。
捏造や改ざんがあったとする理研に反論していた。
どうやら、これからも“闘い”は続くようだ。

出典:小保方さん!貴女は、どれほど危険な情況に置かれているか、ご存知ないのですか!?|wantonのブログ

	
小保方氏のホームページ内の挨拶では「いつか科学の最前線に戻ることを心から願っている」と“希望”が書かれていた。今後、小保方氏は、STAP細胞の作製手順を公開すると公表しています。
	
小保方さんは、御自身が大変危険な情況に置かれていることを
ご存知ないようです。
彼女もある意味、B層のお人なのでしょう。
この世は、危険に満ちています。
私のブログの読者の皆さんは、ご存知のはずです。

闇の連中は、小保方さんをマスコミなどを使ってボコボコにし、
社会的な信用を地に落し、それで事足りたとは思っていないはず。
今でも、徹底的にマ-ク されていると思います。

小保方さんは、STAP細胞の作製手順を公開すると公表しています。
これが、どれほど危険な行為か、彼女自身も周囲の人も
ほとんどの人が気づいていないと思います。

出典:小保方さん!貴女は、どれほど危険な情況に置かれているか、ご存知ないのですか!?|wantonのブログ

	
STAP細胞は米国で成功させねばならない。小保方晴子も米国で復帰するのならかまわない」という情報があるのですがーーーーーー
	
小保方さん、色々と言われてますが・・
結局はマスコミに露出したり、手記なんど書いているようではダメだね。
研究者として成果を上げる以外、真当な社会復帰は望めない。

オリラジ中田、小保方氏は「したたか・・」
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21