• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
ホールフードとは?

サムネイル出典:

ホールフードとは?

Author:
kaedekaede
Posted date:
ホールフードとは?

ホールとは?

WHOLE(ホール)とは(まるごと→全体)とゆう意味です。
まるごとの食べ物。野菜の皮も根っこもまるごと食べる(全体食)をあらわします。
タカコ ナカムラ『ホールフードでいこう』
日々の食は健やかな生活を送るための要です。ですから、野菜や肉や魚・卵・乳製品は自然な方法で育てられたものを選ぶことが必要です。そして、その素材を本来の製法でつくられた調味料を使って調理し、命ある食べ物に感謝しながらいただくことが大切と考えています。

出典:私たちのMission | 無添加・無農薬・料理教室 タカコ・ナカムラ ホールフードスクールhttp://wholefoodschool.com/about/about01.html

	

食の大切さ♡

私たちの健康を支えてくれるのは、(安全な食べ物)です。アレルギー・メタボ・うつ・ひきこもりなどの大きな要因として(食のたいせつさ)を真剣に考える動きも各方面からひろがっています。
食と健康、更には暮らしと環境まで全てつながっているという(ホールフード)

ホールフードとマクロビオテックとの違いは?

ホールフードとマクロビデオティックの違いですが、マクロビオティックの食事は(穀物菜食)をベースとしています。
ホールフードでは「あれもNG・これもNG」とゆう食材の制限は無し。
動物の飼育方法や飼料を確認し自分の体調に合わせてバランス良く食べよう!とゆう推進しているのか
ホールフードのプローチです。

卵について☆

飼料にこだわる
飼料の安全性・鶏の飼育法を複合的に見て選ぶ
健康的に育てられた鶏の卵は淡いレモン色です。
卵の黄身の色
濃い方が良いといゆうことではなく、飼料によっては色を調整できる為、こだわる必要はないのです。

牛乳選び♡

牛乳の選び方ですが、「低殺菌牛乳」が1番良いと聞きます。
低温殺菌牛乳はクオリティが高く飼育法にもこだわりをもっています。
牛乳も多種多彩に販売されていますが、
きちんとした製法で作られたものを選ぶとゆう事です。

自分のこころの安心感は自分で得る♡

自分たちが口にするものだからこそ、自分で食材を選ぶことにより自分のこころの安心につながります。なので、
安心と安全は違います。
そんなことを少しづつから意識してお買いものへでかけると・・・。
今迄はさっさと買い物すれば終わりだったけど。
裏がわのラベル表示などを・・・
みてしまいそう・・・・ですよね。
見ても私達には、知らない事も多いですが、意識をしてお買いものへ行く様になるとゆう学びを頂いた
感じですね。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
kaede

楓(かえで)兵庫県在住♡ ☆文部科学省認定社会通信教育一般財団法人 ★ 実務教育研究所 『生涯学習指導者養成講座/生涯学習ボランティアコース」 ★生涯学習インストラクター1級★スープソムリエ取得 チョコレートソムリエ取得 スムージーコンシェルジュ取得 ドライフルーツソムリエ取得 スパイス&ハーブマイスター取得 公益社団法人 顔と心と体研究会正会員 カラーコンタクト読者モデル 美味安全 野菜栽培士 ☆NCMA PAPAN チャイルドマインダー取得☆ ☆ホームヘルパー2級・ガイドヘルパー取得☆ ☆ほめたつ検定初級3級取得☆ ☆足つぼセラピスト課程修了☆ ☆日本化粧品検定3級☆ ☆秘書検定3級☆ ☆災害ボランティア入門 認定証 頂きました☆ ☆普通救命講習修了 ☆小型船舶操縦2級取得☆