• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
「帰ってきたヒトラー」

「帰ってきたヒトラー」

Author:
AIOAIO
Release Date:
「帰ってきたヒトラー」
	
非常に良く出来た傑作ブラックコメディ。現在のドイツ文化成熟度が分かるヒトラーもの。僕は、観てて段々笑えなくなった。1945年自殺したとされる塹壕後から2014年に前後の記憶のないヒトラーそのものが甦り(タイムスリップ)、そのまんまキャラから受けて、テレビ等にひっぱりだこ、さらに現在の、ドイツの難民等人種社会問題等が背景に、コメディ・エンターテイメント番組等でヒトラーそのまんま演説が段々に現代ドイツ民族性・人々に浸透してしまう。しかもコメディアンキャラでの浸透なのだが、それが真のヒトラーの野望と視聴率を取りたいテレビ局の宣伝効果とプロパガンダが段々に合致。やがてその事実に気づく最初のヒトラーを発見した映像カメラマンは、その野望を防ごうとするが、既に進行しすぎて遅すぎた(現代に登場したヒトラーは、ネットでも大支持を受ける。政党は環境問題の緑の党を支持、しかし兵器にしたいウランに対する考えが異なる)。誰しもがヒトラー要素を持ち、いつ何時、どの時代でもヒトラー・ナチスが出現することの危険と警鐘を鳴らすコメディ仕立ての映画に成っている。ヒトラー曰く、「わたしは選挙で民主的に選ばれたのだ」と。
 時折、ドキュメント映像「ドイツとは」「不満はないか」などと一般市民との議論を本音を交えながら行い、現実の左翼・右翼(ネオナチ)も出現(映像ではドイツでの処罰の対象であるヒトラーの敬礼を、冗談交じりにドイツ一般人が皆やってしまう)。映像の作り方も、現代ドイツの問題をついた説得力のあるものに成り、笑いの中から我々の中に潜むヒトラー性を支持してしまう人間性が浮き彫りになる白眉の出来。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
AIO