• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
映画「レヴェナント 蘇えりし者」主演ディカプリオ:壮絶なサバイバルを描いたドラマ

サムネイル出典:

映画「レヴェナント 蘇えりし者」主演ディカプリオ:壮絶なサバイバルを描いたドラマ

Author:
gulugoogulugoo
Posted date:
映画「レヴェナント 蘇えりし者」主演ディカプリオ:壮絶なサバイバルを描いたドラマ

レヴェナント 蘇えりし者 (2015)

レオナルド・ディカプリオと「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」で第87回アカデミー賞を受賞したアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督が初タッグを組み、実話に基づくマイケル・パンクの小説を原作に、荒野にひとり取り残されたハンターの壮絶なサバイバルを描いたドラマ。

主演のディカプリオとは「インセプション」でも共演したトム・ハーディが主人公の仇敵として出演し、音楽には坂本龍一も参加。撮影監督を「バードマン」に続きエマニュエル・ルベツキが務め、屋外の自然光のみでの撮影を敢行した。

第88回アカデミー賞では作品賞、監督賞、主演男優賞など同年度最多の12部門にノミネートされ、ディカプリオが主演男優賞を受賞して自身初のオスカー像を手にしたほか、イニャリトゥ監督が前年の「バードマン」に続いて2年連続の監督賞を、撮影のルベツキも3年連続となる撮影賞を受賞した。

出典:レヴェナント 蘇えりし者 : 作品情報 - 映画.com

	

あらすじ

アメリカ西部の原野、ハンターのヒュー・グラス(レオナルド・ディカプリオ)は狩猟の最中に熊の襲撃を受けて瀕死(ひんし)の重傷を負うが、同行していた仲間のジョン・フィッツジェラルド(トム・ハーディ)に置き去りにされてしまう。

かろうじて死のふちから生還したグラスは、自分を見捨てたフィッツジェラルドにリベンジを果たすべく、大自然の猛威に立ち向かいながらおよそ300キロに及ぶ過酷な道のりを突き進んでいく。 

出典:シネマトゥデイ - 映画の情報を毎日更新

	

新着感想

『レヴェナント 蘇えりし者』は、音楽が坂本龍一さんだってことをすっかり忘れていて、変わった音をつけてんなあと思いながら見ていた。クレジットで気付いた。
川の水音みたいな音が延々とついていたりするのよ。
	
映画『レヴェナント:蘇えりし者』をもっと楽しむための10の裏話 「最初の襲撃シーンで、サングラスをかけているエキストラが少なくとも2人映っています」意外としょーもない凡ミスが(笑)
	
『レヴェナント 蘇えりし者』シネプレックス幕張にて鑑賞。これぞまさしく劇場のスクリーンで観るべき映画。ディカプリオの演技は言うまでもなく仇であるトム・ハーディの演技が素晴らしい。最高の敵役があってこそ最高の主役と作品が生まるのだと。
	
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
gulugoo

面白い事を紹介していきます。 よろしくお願い致します。