• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
日本人に多い!?「白衣高血圧」とは?

サムネイル出典:

日本人に多い!?「白衣高血圧」とは?

Author:
mddoctormddoctor
Posted date:
Update date:2016年06月09日
日本人に多い!?「白衣高血圧」とは?

「白衣高血圧」って何?

血圧の結果はどこでも同じと思っている方も多いかもしれません。

実は、「正しい血圧は病院で測ったもの」というのは正確ではないんです。
病院で測ったからもう大丈夫と思っていても、油断はできないです。

高血圧と指摘されたり、実際に高血圧の薬を飲んでいる方。
自宅でも血圧を測っていますか?

外来での血圧と、家庭血圧の血圧の数値が違う?

日本高血圧学会が出したガイドライン(高血圧治療ガイドライン2014)では、
外来での血圧と家庭血圧の血圧(家庭血圧)が異なる場合は、家庭血圧の診断を優先するように記載されています。

病院で血圧をはかると、緊張などから家庭血圧よりも高くでることがあるためです。

逆に、病院の方が正確な数値が出てこないことがあるんですね。

白衣高血圧とは医学用語

病院の方が、緊張して血圧が高くなってしまう。
これを、医学用語では「白衣高血圧」と言います。
“お医者さんの白衣が原因の高血圧”という意味合いです。

正しい意味での高血圧とは?

日本のガイドラインでは、たとえ診察室で図った血圧が高くても、自宅で図った血圧が135/80mmHg未満であれば正しい意味の「高血圧」とは言えないのです。

血圧のことが気になってきたら、まずは自宅での血圧を測ってみると良いかもしれません。

自分の体調を医師に相談してみたいという方へ

▼ 下記のリンクからでも、医師に気軽にご相談ができます。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
mddoctor