• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
<日本人よ、目覚めよ!!> 【奴隷社会】世界で仕事の引退時期を調査⇒日本がダントツの世界一に!日本の若手「死ぬまで働く」

<日本人よ、目覚めよ!!> 【奴隷社会】世界で仕事の引退時期を調査⇒日本がダントツの世界一に!日本の若手「死ぬまで働く」

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Release Date:
<日本人よ、目覚めよ!!> 【奴隷社会】世界で仕事の引退時期を調査⇒日本がダントツの世界一に!日本の若手「死ぬまで働く」

調査を行ったのは米マンパワーグループ。各国の20~34歳の男女1万9000人のビジネスパーソンを対象に、16年2月と4月に実施した。対象国は日本をはじめ、アメリカ、中国、イギリス、フランス、ドイツ、ノルウェーなど25か国。 調査対象者に「いつ引退するつもりか」を尋ねたところ、世界平均で12%の人が「死ぬまで働く予定」と答えた。日本人に限ると、平均の3倍超の37%が「生涯現役」と回答。ほかの国より頭一つ抜けた数字で、2位の中国(18%)とも「ダブルスコア」の差がついている。最も低いスペインで3%だったほか、インド(14%)、アメリカ(12%)、ドイツ(9%)、フランス(8%)などの結果となった。

   「日本の若い世代は生涯現役志向」――米国の人材派遣会社が2016年5月24日に発表した調査によると、20~34歳の日本人ビジネスパーソンの37%が「死ぬまで働く予定」と答えたという。「定年を超えても働き続ける」という人は72%。どちらも、世界の平均を大きく上回った。

2位中国と「ダブルスコア」
そのテンションで、死ぬまでいける?
そのテンションで、死ぬまでいける?
   調査を行ったのは米マンパワーグループ。各国の20~34歳の男女1万9000人のビジネスパーソンを対象に、16年2月と4月に実施した。対象国は日本をはじめ、アメリカ、中国、イギリス、フランス、ドイツ、ノルウェーなど25か国。

   調査対象者に「いつ引退するつもりか」を尋ねたところ、世界平均で12%の人が「死ぬまで働く予定」と答えた。日本人に限ると、平均の3倍超の37%が「生涯現役」と回答。ほかの国より頭一つ抜けた数字で、2位の中国(18%)とも「ダブルスコア」の差がついている。最も低いスペインで3%だったほか、インド(14%)、アメリカ(12%)、ドイツ(9%)、フランス(8%)などの結果となった。

   また、65歳以降も働き続けるという日本人は72%(世界平均60%)で、70歳以降は46%(同27%)だった。こうした結果について、マンパワーグループ日本法人の広報担当者はJ-CASTニュースの取材に、

「年金問題や労働人口の不足といった社会的な情勢を背景に、『お金のために仕事を続けなければいけない』と考える若者が増えているのではないでしょうか」
と分析していた。

出典: 幸せな老後なんてどこにある 世界で突出、日本の若手「死ぬまで働く」回答 : J-CAST会社ウォッチ

	
	
休暇について外国人に聞くと「休むために仕事をする」という意見が多いですが、日本人に聞くと「仕事のために休む」等と言う人が多いです。この違いがそのまま引退の時期に繋がっている可能性が高いと考えられ、サラリーマンの奴隷根性が悪化したような感じがあります。

もちろん、仕事が楽しくてたまらないという人はそれでも良いですが、別のアンケート調査で日本人は仕事に苦痛を感じている人が多いという数字も出ているんですよね。
仕事が辛いのに引退はしないで死ぬまで働くとか、まるで奴隷としか言いようがありません。救いがないのは本人が自発的に奴隷みたいな行動をしている点で、日本の労働組合が世界的に弱いことを実感することが出来ます。

出典:【奴隷社会】世界で仕事の引退時期を調査⇒日本がダントツの世界一に!日本の若手「死ぬまで働く」|情報速報ドットコム

	
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21