• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
ヤンチャで強かった伝説のボクサー、モハメド・アリ氏が死去!74歳

サムネイル出典:

ヤンチャで強かった伝説のボクサー、モハメド・アリ氏が死去!74歳

Author:
gulugoogulugoo
Posted date:
ヤンチャで強かった伝説のボクサー、モハメド・アリ氏が死去!74歳

伝説のボクサー、ムハマド・アリ氏が死去 74歳

(CNN) プロボクシング界で一時代を築いた元ヘビー級世界王者のムハマド・アリ氏(74)が3日、米アリゾナ州フェニックスの病院で死去した。家族の代理人が明らかにした。74歳だった。

ロイター通信は3日、家族に近い関係者の話として同病院に入院後、危篤状態に陥ったと報じていた。入院は2日だった。アリ氏は1984年にパーキンソン病を患っていることが判明。昨年1月には尿路感染症の発病で入院。14年12月には肺炎で入院するなど不安定な健康状態にあった。

出典:CNN.co.jp : 伝説のボクサー、ムハマド・アリ氏が死去 74歳 - (1/2)

	

モハメド・アリさん死去 元ヘビー級王者 差別とも闘う

リングの外でもベトナム戦争への反対や、人種差別、信仰の自由をめぐる言動で注目を集め、20世紀の米社会を代表する人物の1人だった。

 1942年、カシアス・クレイとして米ケンタッキー州ルイビルで生まれ、12歳からボクシングを始めた。60年のローマ五輪で、ライトヘビー級の金メダルを獲得したが、自伝によると、米国へ帰国後に黒人であることを理由にレストランで食事の提供を拒まれ、川に投げ捨てたという。

 プロ転向後の64年にヘビー級王者に挑戦。前評判では不利とされたが、「チョウのように舞い、ハチのように刺す」という言葉通りにソニー・リストンを破り、世界王者となった。同じころ、黒人指導者のマルコムXらの影響を受けてイスラム教に改宗し、名前をモハメド・アリに改めた。

出典:モハメド・アリさん死去 元ヘビー級王者 差別とも闘う:朝日新聞デジタル

	

元世界ヘビー級チャンピオン モハメド・アリ氏 死去

モハメド・アリ氏は12歳でボクシングを始め、1960年、ローマオリンピックのボクシング、ライトヘビー級で金メダルを獲得しました。プロに転向したアリ氏は、1964年、22歳でヘビー級の世界チャンピオンになりましたが、3年後、ベトナム戦争への徴兵を拒否したことでタイトルを剥奪されました。

その後、アリ氏はプロボクシングに復帰し、1974年に世界王座を奪還して通算19回の防衛を果たし、ヘビー級ながら華麗なフットワークを見せるボクシングスタイルは、「チョウのように舞い、ハチのように刺す」と評されました。通算成績は56勝5敗で、このうち37勝がノックアウト勝ちでした。

出典:元世界ヘビー級チャンピオン モハメド・アリ氏 死去 | NHKニュース

	
	
【アリ氏死去 猪木氏「つらい」】モハメド・アリ氏の死去を受け、かつて対戦したアントニオ猪木氏が「非常につらい」とコメント。伝説の一戦には複雑な評価も。
	
モハメッド・アリが、ほら吹きクレイと言われたころから、彼のボクシングが始まるとテレビの前に釘付けになったものです。ジョージ・フォアマンとの一戦が忘れられない。それぞれの人が自分の人生で勇気もらいあ...
	
モハメド・アリが亡くなったのか。「偉大なチャンピオンになるには、自分がいちばん強いと信じることだ。そうでなければ、強いフリをしろ。」アリは、自分の言葉通り、強いフリをしているうちに、本物の偉大なチャンピオンになった。そして、本物の風格を身に着けた。合掌。(小池一夫)
	
昔からアントニオ猪木は、モハメド・アリの話題になると「アリには本当にありがとうと言いたい」とか「ありがちな話ですが」とか、常に駄洒落を織り交ぜていたんですけど、シンプルな駄洒落すぎて誰も気付かずにいたから、『紙プロ』時代にボクが校正の段階でよく「アリがとう」とか直していた思い出。
	
あらためて聴く。なんて素晴らしいテーマ曲なんだろう。勇壮でありながら、どこか孤独と切なさを感じさせるところが涙を誘う。/モハメド・アリ入場曲(アリボンバイエ) さんから
	
【訃報】モハメド・アリ氏が死去 74歳


ボクシングの元ヘビー級世界王者。呼吸器系の病気で、米アリゾナ州フェニックスの病院で死去した。
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
gulugoo

面白い事を紹介していきます。 よろしくお願い致します。