• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
「肌以外にも!」手のアンチエイジングのやり方、教えます

サムネイル出典:

「肌以外にも!」手のアンチエイジングのやり方、教えます

Author:
mddoctormddoctor
Posted date:
「肌以外にも!」手のアンチエイジングのやり方、教えます

手のアンチエイジング、されていますか!?

”アンチエイジング”について、皆さんはどの部分を重点的に対策されていますか?
顔ばかりで、「手のケア」は案外おざなりにしていないでしょうか。

手のアンチエイジングもしないといけません

			

手のアンチエイジングも必要!!

手も顔と同じように年を取ります。
実は、手は顔よりも“年を取って”見えるのです
手は紫外線の影響を受けやすく、石鹸や消毒液、さらには日々の“摩擦”にもさらされているため、
より多くのケアを必要とします。

手のアンチエイジングが必要な理由

理由①:
私たちは、毎日数え切れないくらい手を洗います。
手を洗うと手の脂分が落ちるので、乾燥します。
これが“しわ”の原因になるわけですね。
  
理由②:
手は、顔よりはるかに多くの紫外線の影響を受けています。
紫外線は薄くなった皮膚の細胞を壊していきます。
これは加齢の影響ではなく、紫外線によるもので、結果としてシミができます。
紫外線にさらされることで、皮膚は薄くなり、コラーゲンが減り、皮膚の弾力を奪います。
 
理由③:
手は年とともに脂肪がだんだんと減ってきます。
手に限って言えば、脂肪が減るのは良いことではありません。
手にある脂肪は静脈の周りでクッションの様な役割をしています。
つまり、脂肪が減ってくると手の静脈がよく見える様になるわけです。

手のアンチエイジングのやり方

では手のケアはどんなことをすればいいのでしょうか?

<対策①>
・手を洗う度に保湿をしましょう。ローションよりもクリームの方がオススメです。
・顔に使っているものを手にも使いましょう。
朝には日焼け止めを塗り、夜寝る前にはレチノールや、
トレチノインなどの含まれたクリームを使いましょう。
レチノールもトレチノインもビタミンA、もしくはその誘導体です。
  
<対策②>
・できるだけ繰り返し、日焼け止めを使いましょう。
・特に運転中は、想像以上に紫外線の影響を受けます。
これは通常車の窓は紫外線を通してしまうためです。
運転中は日よけの手袋をつけることがとても大事です。
・そして、既にダメージを受けてしまった肌には皮膚科で相談してみましょう。フォトフェイシャル(IPL治療)や、フラクセルデュアルレーザーなど、現在は様々な治療法が開発されています。
 
<対策③>
・ヒアルロン酸の注入などが効果的です。これも皮膚科の先生に相談してみてください。
 
手に関しては、顔ほどに特別な対策は必要なく、毎日のちょっとした積み重ねが大事です。
 
みなさんも是非試してみてください!

オンラインで医師に医療相談ができるサービスを行っています!

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
mddoctor