• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
日銀が国債買ってますけど、大丈夫?

日銀が国債買ってますけど、大丈夫?

Author:
daimondaimon
Release Date:
日銀が国債買ってますけど、大丈夫?
本日の大竹まことゴールデンラジオの録音です。大手銀行の「国債離れ」について語っています。もはやアベノミクスのマイナス金利は限界が近づいているのに、嘘つきアベだけが「アベノミクスを加速する」と言い続けているが、ブレーキのない故障車です。
	
アベノミクスだ、いくぞと、三位一体となっていた(かに見えた)政府・中央銀行・大手金融機関が、いつの間にか仲違いをし始めたようにも見えますが。
	
【逃げ出すメガバン】アベノミクスの宣伝の裏で、

メガバンク特に三井住友銀行は国債の価値低下を見越して売り払い始めている

ようだ。一方、地方銀行の保有額は横ばいで、都市銀行の国債保有額を超えており、国債価値の低下は致命傷になりかねない状況。
	
【逃げ出すメガバン2】三菱東京UFJ銀行は国債の入札に特別な条件で参加できる資格を国に返す方向で調整に入った。日銀のマイナス金利政策のもとで国債を持ち続ければ、損失が発生しかねないため。

日銀の異次元金融緩和でメガバンが「国債離れ」

	
【逃げ出すメガバン3】財務省は大手銀行に特別会計(交付税特会やエネルギー特会)の借入金をマイナス金利で引き受けるかどうかヒアリングし、一般顧客から貸出金利をマイナスで希望されかねないと、メガバンクは拒絶したという。まるで戦時中みたい
	
アベノミクスのマイナス金利で、メガバンは逃げだし、地銀信金は苦しくなって合併提携の嵐。大手企業は不正会計、データねつ造の嵐。なのに、安倍首相は息を吐くように嘘をつき、政治家は口利き収賄、腐敗当たり前。それでも高い支持率。滅びていく国の姿そのものです。この状況を許してはいけない。
	
米国:ウォール・ストリート・ジャーナル紙
「アベノミクスは、どのように行き詰まったのか?(=袋小路の状態なのか?)」

2016年2月の報道:How Japan’s ‘Abenomics’ Reached an Impasse:
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
daimon