• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
謎の原人ホビットの「祖先」発見 進化過程の解明に前進・AFP

謎の原人ホビットの「祖先」発見 進化過程の解明に前進・AFP

Author:
AIOAIO
Release Date:
謎の原人ホビットの「祖先」発見 進化過程の解明に前進・AFP

ホビット、ネアンデルタール、人類

ホビット・国立科学博物

ホビット・国立科学博物

ホビット・国立科学博物

ホビット・国立科学博物

ホビット・国立科学博物

「ミトコンドリア・DNA」・人類の流れ(もっとも科学的根拠)

アフリカが起源

人類の起源

C.ストリンガー、P.アンドリュース著「人類進化大全」
人類最古・祖先と言われるのが、いまのところ遺伝子の解明により「ミトコンドリア・DNA」からアフリカ・エチオピアの女系骨発見、20万年前といわれる。いわゆるホモサピエンス・人類である。ホモサピエンス・人類はネアンデルタール人のDNAが含むという。これは、環境適応、免疫等をつけるために人類が必要不可欠だったことと、ネアンデルタールと交配していた証拠でもある。ネアンデルタール、北京原人、ジャワ原人、ホモサピエンス等と人類史の中でネアンデルタールの知能の高さを裏付ける、儀式用のストーンサークルが見つかり、おそらく最古の絵画・呪術彫刻類も発見される可能性が高い。そこで、同時期進化の過程等不明だったのが、ホモ・フローレシエンシス。通称ホビット(小人類)である。それが、少しづつ解明されるようになったという(ちなみに、日本は科学・遺伝子解明から、一部の天皇教右翼民族主義・日本会議等明治天皇崇拝にみられる、天皇万世1系・アマテラス大御神のような馬鹿々しい神話はあり得ず、中国・朝鮮経由の遺伝子、さらにアイヌ・琉球系遺伝子、ミトコンドリア・DNAの解析である)。

以下、AFPから本文を引用・・・
【6月9日 AFP】インドネシアのフローレス(Flores)島で化石が見つかった70万年前の小型人類は、同島にかつて生息していた「ホビット」と呼ばれる謎の原始人類のほぼ確実な祖先であるとする研究結果が8日、英科学誌ネイチャー(Nature)に発表された。

 同誌に発表された2件の研究論文は、約5万年前に絶滅した小型人類「ホビット」ことホモ・フロレシエンシス(Homo floresiensis、フローレス原人)の進化過程についての知識の膨大な空白部分を埋めるものだ。

 見つかったのは大人1人と子ども2人の歯を含む化石。この発見により、ホビットの祖先はおそらく約100万年前にフローレス島に到達した、より体の大きな別種の人類だったとの仮説が裏付けられた。

 この仮説では、直立歩行して道具を使っていたこの人類の体が世代を重ねるごとに小さくなり、元の体重と身長のほぼ半分になったとされる。

 この「島しょ矮化」と呼ばれる現象はこれまでに動物で確認されており、中には資源が限られた環境に適応するため体が6分の1まで縮小した種もある。実際にフローレンス島にはかつて、ゾウに似た「ステゴドン」と呼ばれる動物の小型種が生息していた。この種は小型人類によって絶滅に追いやられたともされる。

 新たな化石は2014年、フローレス島中部で発見された。発掘現場は2003年にホビットの化石が見つかった場所から約100キロの地点だった。

 この発見は、海面上昇によって島へと変化した陸地で人類が小型化したことを示す初の有力な証拠となった。

 ホビットについては、現生人類のホモ・サピエンス(Homo sapiens)が病気や遺伝子異常で体が縮小したものだという説も出ていたが、研究チームは今回の発見によってこの説は否定されたと指摘している。

 オーストラリア・クイーンズランド(Queensland)州のグリフス大学(Griffith University)の考古学者アダム・ブラム(Adam Brumm)氏は「ホビットは本物だった。われわれとは違う、現在地球上に存在しない古代の人類種だった」と語る。

 ブラム氏によると、ホビットの起源をめぐっては2つのシナリオが想定できる。

 うち一つは、ジャワ(Java)島に生息していたホモ・エレクトゥス(Homo erectus)が矮小化したという説だ。ホモ・エレクトゥスはアフリカを出た最初の人類とされ、成長時の身長は最大で180センチ、体重は70キロだった。

 ジャワ島では19世紀後半、インドネシアの島々が陸続きだった約120万年前のものとされるホモ・エレクトゥスの化石が見つかっている。

 ブラム氏によると、歯に見られる共通点から、フローレス島の人類の祖先はホモ・エレクトゥスだった可能性が最も高いという。

 もう一つの説は、さらに時代が古く小さな骨を持つアフリカ起源のヒト亜科が、ホビットへと進化したというものだ。(c)AFP/Marlowe HOOD

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
AIO