• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
<・・・謎だ。また、謎を呼ぶ!> 犯罪ジャーナリストの小川泰平氏が5月31日の報道で「大和君は既に保護されている」と言っています

サムネイル出典:

<・・・謎だ。また、謎を呼ぶ!> 犯罪ジャーナリストの小川泰平氏が5月31日の報道で「大和君は既に保護されている」と言っています

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Posted date:
<・・・謎だ。また、謎を呼ぶ!> 犯罪ジャーナリストの小川泰平氏が5月31日の報道で「大和君は既に保護されている」と言っています

両親に置き去りにしたとされる林に囲まれた砂利道で両親は予め言われていたシナリオ通り、他の車(特務機関)に大和君を乗せる。そして大和君は鹿部町の民家に連れて行く。 その間社会は「しつけのため男児が山林に置き去りにされ行方不明であると騒ぐ。」が、当の本人は民家で普通に暮らしている。 両親は息子の安全が確保されていることを知っている。 もちろんその間は特務機関の指示に従い現場に行ったり、警察の事情聴取を受けたりする・・・??? 狙いは? 犯行グループは? なぜ?

「無事発見の美談でおしまい」に違和感の声 北海道置き去り、「状況が不自然」と首ひねる人も

 北海道の小2置き去り事案は、不明から6日ぶりに男の子を無事保護したことで解決をみた。「よかった」「ほっとした」……関係者だけでなく、ネット上でもそんな安堵の声が多くみられた。「あとは、そっとしておいて上げて」と、マスコミに注文を出す人も少なくない。

 一方で、「(話が出来過ぎていて)不自然」などと、「無事救出の美談」に違和感を持つ人もいるようだ。「水だけ」で丸5日以上も暮らしながら、男の子が自分で歩けるほど元気だったことや、発見された自衛隊施設の管理をめぐる証言の「食い違い」など、依然、謎も残されている。

■偶然、非常に珍しい…専門家にも驚き

 5月28日夕、親によって車から降ろされたあと不明になっていた田野岡大和君(7)は、6月3日朝に不明場所の隣町にある陸上自衛隊演習場内の宿舎で無事保護された。そうした経緯は、J-CASTニュースも「大和君が歩いた約10キロの上り坂 その先の演習場は捜索せず」(6月3日配信)などで伝えた。

 それまでのローラー作戦による捜索でも発見されず、6月3日からの捜索態勢の縮小が決まっている中での奇跡的な救出だった。

 その発見が奇跡的だったことは、一夜明けた4日付の新聞各紙の報道からも、うかがえる。毎日新聞は、社会面で「偶然重なり命つながる」と見出しをつけた(東京最終版)。朝日新聞は、陸自関係者の「(陸自施設に無事たどり着いたのは)いろんな偶然が重なったとしか考えられない」との見方を伝えた。日経新聞は、「健康な成人なら水だけで約1週間生存できるとされるが、小児で同様のデータは聞いたことがない。非常に珍しいケースではないか」という、小児医療センターの専門家の声を掲載した。

 「偶然」「非常に珍しい」……専門家らをも驚かす展開だっただけに、ネットでも、にわかには信じられない、といった反応を示す声もある。「奇跡的だ、良かった」と好意的に受けとめる人がいる一方で、ツイッターなどには「不自然な点いっぱい」「不自然すぎるでしょ」といった声も挙がっている。

「想定外」だった陸自施設エリア
 注目を集めている点のひとつは、「(不明になった)28日から(陸自宿舎に)いた」という大和君証言と、「30日の点検時に、誰の姿も見えなかった」とする陸自の説明の「矛盾」だ。見落としや、一時的に宿舎を離れていた可能性も考えられるが、「なぜ30日の時点で発見されなかったのか」は、ひとつの謎だ。

 捜索範囲の問題では、発見された陸自施設は「想定外」だったとして探していなかった。このため、捜索の範囲設定が適切だったのか、と批判や疑問の声が出ている。一方で、「子供が険しい山道に入っていくはずがない」という、捜索のプロたちの「想定」を超える行動を取ったことになる大和君の足取りに不自然さを感じる人もいる。朝日新聞4日付朝刊によると、「(大和君が施設へ)どうやって来たのかは、はっきりしていない」。

 また、1週間近くも「水だけ」で生き延びた状況ながら、自分で歩けるなど比較的元気なことにも驚きの声が出ている。大和君が搬送された市立函館病院の医師は3日の会見で「7日間頑張った割に、非常にしっかりしていると思います」と述べていた。

 他にも、なぜ1週間近くも陸自施設から動いて助けを求めようとしなかったのか、逆に「遭難時に動かない」原則を知っていたのだとすると、なぜ親が「置き去り」現場へ「約5分後」に戻った時、その場にいなかったのか、といった疑問を呈する人もいる。

出典:犯罪ジャーナリストの小川泰平氏が5月31日の報道で「大和君は既に保護されている」と言っています。 | さゆふらっとまうんどのHP ブログ

	

神奈川県警の元刑事で犯罪ジャーナリストの小川泰平氏は、   「たまたま通りかかった人が、子供が泣いているのを見つけ保護して、早く連絡してあげようと思っているところに大捜索が始まった。ここで自分が名乗り出ると誘拐犯人と思われるかもしれないと、本当のことを言えなくなったということも考えられます。その線が強いかなという気がします」

犯罪ジャーナリストの小川泰平氏が5月31日の報道で「大和君は既に保護されている」と言っています。

この線は濃厚でしょう。それは善意ある一般市民の行動ではなく、今回の事件を目的をもって作り出した特務機関がしている仕事でしょう。

そしてその保護は28日5時つまり、行方不明になったとされるその時からでしょう。

それを補足するかのように、TOP画像のように道に放置してから二台の車とすれ違ったと報道されているようです。

そしてNHKの住宅で発見という発見最初の一報。

出典:犯罪ジャーナリストの小川泰平氏が5月31日の報道で「大和君は既に保護されている」と言っています。 | さゆふらっとまうんどのHP ブログ

	
両親に置き去りにしたとされる林に囲まれた砂利道で両親は予め言われていたシナリオ通り、他の車(特務機関)に大和君を乗せる。そして大和君は鹿部町の民家に連れて行く。

その間社会は「しつけのため男児が山林に置き去りにされ行方不明であると騒ぐ。」が、当の本人は民家で普通に暮らしている。

両親は息子の安全が確保されていることを知っている。
もちろんその間は特務機関の指示に従い現場に行ったり、警察の事情聴取を受けたりする。

発見日が6月3日に決まったら、以前に小屋で撮っておいた写真があれば、6月3日朝、大和君は自衛隊に連れていく必要もない。自衛隊員と口裏を合わせておき、大和君をヘリで病院に連れていけばそれでいい。

もちろんそうではなく、ケースバイケースで小屋に連れて行ってから病院に搬送してもいい。

出典:犯罪ジャーナリストの小川泰平氏が5月31日の報道で「大和君は既に保護されている」と言っています。 | さゆふらっとまうんどのHP ブログ

	
子供置き去り事件の親がよかったね許されてよかったねみたいな感じで報道されてるのすごく謎
	
子供置き去り事件、親としてどうだこうの他人の講釈なぞべつに聞きたいともおもわんが、あの子供本人は一人ぼっちでいろいろ冒険できてさぞや面白かっただろうな。それこそ一生のおもいでになるだろうね
	
北海道の子供置き去り事件。子供が無事だったから良かったけど、謎が多過ぎる。子供が1日で6~10㌔(報道により幅が有る)の「山道」歩けるのか?父親や家族の証言に疑問?訳分からない╮(﹀_﹀)╭
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21