• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
ブライアン・メイ、トランプ氏の「クイーン」楽曲使用を「阻止する」、ストーンズ、エアロスミス、アデル、REM等拒否した楽曲、ニ―ル・ヤングは楽曲許可

ブライアン・メイ、トランプ氏の「クイーン」楽曲使用を「阻止する」、ストーンズ、エアロスミス、アデル、REM等拒否した楽曲、ニ―ル・ヤングは楽曲許可

Author:
AIOAIO
Release Date:
ブライアン・メイ、トランプ氏の「クイーン」楽曲使用を「阻止する」、ストーンズ、エアロスミス、アデル、REM等拒否した楽曲、ニ―ル・ヤングは楽曲許可
	
	
	
	
	
	
	
ドナルド・トランプが選挙で使用する楽曲。ほとんどの大物アーティストに拒否されるが、当のトランプはどこ吹く風で楽曲使用してしまう。クイーンのブライアン・メイは、トランプに「We Are The Champions 」を使用された途端、「公式サイトで「(苦情が)雪崩のように殺到している」とした上で、「楽曲の使用許可は、依頼もなかったし承認もしていない。これから先、継続して使用されないようにするため、どんな措置を取れるか助言を受けている」とコメントした。また、「私たちの音楽は、私たち自身の夢と思想信条を表現するものであり、かつそれを聴いて楽しむ全ての人のためのものだ」と強いメッセージを述べた。」という。あまり報道されないが、ニ―ル・ヤングはトランプの楽曲使用に対し許可、「彼は(米作曲家作詞家出版者協会から)曲を使う許可を得ている。まあ、彼がそう言っていて、俺はそれを信じるってことだけど。だから、俺は彼に何の反感も持っていない。音楽は一度発表されたら、誰でも何のためにでも使えるんだ」という立場だ。その後もトランプは使い続けるだろうか・・・?

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
AIO