• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
<まさしくアジアの時代の夜明けが色濃くなってるのかな?> 考古学者グループ カンボジアの密林の中に千年前の古代都市を発見

サムネイル出典:

<まさしくアジアの時代の夜明けが色濃くなってるのかな?> 考古学者グループ カンボジアの密林の中に千年前の古代都市を発見

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Posted date:
<まさしくアジアの時代の夜明けが色濃くなってるのかな?> 考古学者グループ カンボジアの密林の中に千年前の古代都市を発見

世界的に有名なカンボジアのアンコール・ワット遺跡近くのジャングルの中で、考古学者グループが、これまで知られていなかった古代都市の跡を発見した。新聞「The Guardian」が伝えた

見つかった都市遺跡は複数で、今から900年から1400年前のものと推定されている。
専門家らは、今回発見された都市群は、かつて存在していたクメール帝国が、12世紀には、世界で最も大きくまた人口も多く独自の繁栄を遂げていたことを証拠立てるものだ、と考えている。
なお都市の中には、当時そうした技術はまだなかったとこれまで思われていた、複雑な灌漑システムの跡も見つかっている。

出典:考古学者グループ カンボジアの密林の中に千年前の古代都市を発見

	
カンボジアで巨大遺跡発見 クメール帝国首都か 筑波大などの国際研究チーム
	
 筑波大の下田一太助教などの国際研究チームは28日、カンボジア北西部のアンコール地区で熱帯林に隠れた巨大遺跡を見つけたと発表した。12世紀前半に建設された世界遺産のアンコールワットより古く、9世紀ごろに建設されたクメール帝国の首都とみられる。灌漑(かんがい)が整備されていたことも分かった。

 日本やカンボジア、フランス、英国などの研究チームが昨年4月、ヘリコプターからレーザー光で密林370平方キロメートルを調査し、新たな遺跡を発見した。

 研究チームは、802年ごろに建設されたとされるクメール帝国の首都マヘンドラパルバタの遺跡とみている。碑文などで存在するとされていたが、証拠となる構造物は見つかっていなかった。

 マヘンドラパルバタはアンコールワットから北東に約40キロ離れた山の中にあり、面積は30平方キロメートル以上あったと考えられるという。調査で東西に走る道路や水路、寺院など土木構造物の痕跡も見つかった。

 このほか、クメール帝国中期のアンコールワットやアンコールトム(12世紀後半)で、これまで未発見だった道路や運河の跡も確認された。

出典:カンボジアで巨大遺跡発見 クメール帝国首都か  :日本経済新聞

	
この最初の首都を「もう1回!もう1回!」という声が高まって作られたのがアンコールワットか…。 RT : カンボジア「幻の都市」の遺跡発見 アンコールワットより300年古い
	
新しい観光資源になるかしら。行きたい。→ カンボジアで巨大遺跡発見 クメール帝国首都か  :日本経済新聞
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21