• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
[セレソン] ブラジル代表、29年ぶりグループステージ敗退 −Copa America Centenario USA 2016-

サムネイル出典:

[セレソン] ブラジル代表、29年ぶりグループステージ敗退 −Copa America Centenario USA 2016-

Author:
threed365threed365
Posted date:
Update date:2016年08月22日
[セレソン] ブラジル代表、29年ぶりグループステージ敗退 −Copa America Centenario USA 2016-

【6/19更新】 コパ・アメリカ センテナリオ USA 2016のグループステージ第3戦が12日に行われ、ブラジル代表はペルー代表に0-1と敗北を喫した。

コパ・アメリカのグループステージ敗退は29年ぶり

成績を1勝1分1敗としたブラジル代表はグループBで3位となり、1987年大会以来、29年ぶりのグループステージ敗退が決定。

“神の手”ゴールでペルーが勝利

0-0のまま試合終盤に差し掛かった75分、スコアを動かしたのはペルーだった。

MFアンディ・ポロがドリブルで右サイドを突破し、低いクロスを供給。ゴール前にいたFWラウール・ルイディアスがこれを押し込み、ゴールネットを揺らした。
ブラジルの選手たちはルイディアスの手にボールが当たったとして猛抗議。
一度ゴールは取り消されかけたが、レフェリーの最終的な判断によりゴールが認められた。
▼ブラジル vs ペルー戦ハイライト
Brazil vs Peru 0-1 All Goals & Highlights 13-06-2016

怒り爆発のドゥンガ監督

ドゥンガ監督は疑惑の判定について「何があったか、全員が目撃したはずだ。目で見たものに疑いの余地はない」と、明らかにハンドだったことを強調。
さらに「たくさんのテクノロジーがあるというのに、それでも我々はミスを犯すんだ。レフェリーたちはどこかの人間と(ヘッドセットを使用して)会話していた」と当時の状況を語り「一体何のためのヘッドセットなんだ」と、議論の末に下された判定に納得いかない様子だった。
▼敗戦後の記者会見
	
💥ブラジル代表監督ドゥンガ解任へ💥
コパの歴史的敗退が決定したブラジル🇧🇷
監督のドゥンガの解任が濃厚👊
解任になれば自身2⃣度目である😅
カナリアは悲願の五輪金メダルを目指す❗
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
threed365