• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
<ついに既存金融システムの崩壊か・・・?> 米国の大富豪ソロス氏 突然、金の買い付けを始める・・・米国の大富豪ジョージ・ソロス氏が、長いブランクを経て金融市場へ舞い戻った。ウォール・ストリート・ジャーナルが報じた

サムネイル出典:

<ついに既存金融システムの崩壊か・・・?> 米国の大富豪ソロス氏 突然、金の買い付けを始める・・・米国の大富豪ジョージ・ソロス氏が、長いブランクを経て金融市場へ舞い戻った。ウォール・ストリート・ジャーナルが報じた

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Posted date:
<ついに既存金融システムの崩壊か・・・?> 米国の大富豪ソロス氏 突然、金の買い付けを始める・・・米国の大富豪ジョージ・ソロス氏が、長いブランクを経て金融市場へ舞い戻った。ウォール・ストリート・ジャーナルが報じた

「ソロス・ファンド・マネジメント(Soros Fund Management LLC)」は、金や金採掘企業株の買い付けを開始した。 ウォール・ストリート・ジャーナルによると、この動きは、ソロス氏の悲観的な感情を物語っているという。金は通常、有価証券が値下がりし投資家たちが安全なセーフ・ヘイブン(安全資産)である貴金属を探す「ベアマーケット(弱気市場)」の時に買い付けられる。

過去6ヶ月間でソロス氏の気分は悲観的な方向へ変わった。それは主に中国経済の鈍化や欧州の政治的軋轢(特に英国のEU離脱の可能性)が原因となっているという。

ソロス氏は1月、通信社ブルームバーグのインタビューで、中国経済の「ハードランディング」の可能性について述べ、その原因は資本流出や多額の債務となると語った。ソロス氏は、中国の経済危機は最終的に世界の株式市場における相場崩壊につながると警告した。

ソロス氏は、ジム・ロジャーズ氏とクォンタム・ファンド共同設立した1970年代に財産を築いた。同ファンドは設立から10年で4200パーセントの収益をもたらした。なお米国のS&P指数はわずか47パーセントの上昇だった。

出典:米国の大富豪ソロス氏 突然、金の買い付けを始める

	
天才ソロスが金と金鉱山株を買い始めたという。久しぶりに市場に復帰したソロスは金に金鉱山株に、僕と同じ方向だ、市場は冷酷、民主主義の多数の意見は通らない、少数派しか勝たないバブルの後、普通の人、不動産で少し儲けた人にはこの異変が見えない、聴こえない、理解できないのだ。
	
ニューヨークで開催されたヘッジファンド会議で、「ソロスの右腕」と称される伝説のファンドマネージャーであるドラッケンミラー氏が「株から撤退せよ。金を持て」と発言。現在の金価格はドル相場次第で「ドル安なら上がり、ドル高なら下がる」という。
	
【NY金:反発、ECBの「刺激薬」投与で−年初来上昇率は79年来最大】ここへ来てソロスが金を買い始めたと云う事は、そろそろ金相場で稼げる時が来たので、資金シフトしている事が予想されます。 - 紙幣の不思議2
	
米国の大富豪ソロス氏 突然、金の買い付けを始める

金は通常、有価証券が値下がりし投資家たちが安全な安全資産である貴金属を探す「ベアマーケット(弱気市場)」の時に買い付けられる。
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21