• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
<日本の国会議員には品格とか責任感・・・が欠如しているのだろうか?>  週刊文春WEB「保育園落ちた」にヤジ飛ばした菅原一秀議員 国会休み愛人と旅行。今度は「蓮舫氏は帰化し泣いた」と発言、後から訂正

サムネイル出典:

<日本の国会議員には品格とか責任感・・・が欠如しているのだろうか?>  週刊文春WEB「保育園落ちた」にヤジ飛ばした菅原一秀議員 国会休み愛人と旅行。今度は「蓮舫氏は帰化し泣いた」と発言、後から訂正

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Posted date:
<日本の国会議員には品格とか責任感・・・が欠如しているのだろうか?>  週刊文春WEB「保育園落ちた」にヤジ飛ばした菅原一秀議員 国会休み愛人と旅行。今度は「蓮舫氏は帰化し泣いた」と発言、後から訂正

自民党の菅原一秀衆院議員は17日、東京都知事選をめぐる党会合で、民進党の蓮舫代表代行について、「五輪に反対で、『日本人に帰化をしたことが悔しくて悲しくて泣いた』と自らのブログに書いている。そのような方を選ぶ都民はいない」と発言した。  菅原氏は朝日新聞の取材に対し、「蓮舫氏のブログではなく、ネットで流れていた情報だった」と訂正したうえで、「五輪に後ろ向きな人が知事になれば困るので、自民党が候補を出すべきだとの趣旨。帰化した人が知事になってはならないという趣旨ではない」と説明

SNSは報道番組じゃない・・・井戸端会議の拡大版を報道番組だと勘違いする国会議員がいるようだ

蓮舫氏は取材に「(帰化して泣いたというのは)SNSで拡散されているデマだ。国会議員がこのレベルの書き込みを真剣に受け取って発言するとは驚きだ。五輪・パラリンピックについては成功を期待している」とコメントした。

出典:「蓮舫氏は帰化し泣いた」自民・菅原氏発言、後から訂正:朝日新聞デジタル

	
SNSは井戸端会議の拡大版だ・・・それを画面から活字や写真が流れてくるので報道番組だと勘違いする馬鹿がどうして日本社会には多いのだろう?それだけ民意の低さ知的レベルの幼稚さが知れるのだけど・・・単なる噂話を国立放送局のニュースのように信じるのは教育のない個人に限らない。社会的使命を持つ立派な企業でさえ間違った報道が流さ企業の信用毀損に営業妨害の恐れがあるのでと法的訴訟を検討中だという話が増えている。確かに微妙なのだがSNSは個人と個人の信頼関係の上に成立するプライベートな情報交流だ。だから、上手に正しく利用している人々は、個々の信頼関係の中で情報の整合性や信憑性を判断しているのだが、得てして信頼関係も何もない、SNSの使い方も未知で人間関係も貧弱な時代遅れが、ただ気になる情報があったと身勝手な妄想を展開する馬鹿が勘違いしてるだけだと思う
「保育園落ちた」ブログ問題の国会質疑で「匿名だよ、匿名」とヤジを飛ばした自民党の菅原一秀衆院議員(54)が、経済産業副大臣時代に、「政治経済事情視察」として国会を休み、当時の愛人とハワイ旅行に出かけていたことが「週刊文春」の取材でわかった。

 菅原氏は経産副大臣だった2013年4月27日から5月1日にかけて、「政治経済事情視察」として衆院議院運営委員会に請暇願を提出し、ハワイに旅行していた。

 バツイチで独身の菅原氏は、結婚を前提としない形で男女関係にあった27歳(当時)のA子さんと、ハワイで合流していたという。

「バレないように飛行機は別々で、現地で落ち合いました。連日ゴルフ三昧で、4泊6日で四ラウンドもしていた。副大臣なのに、自由に旅行して大丈夫なのかと心配する女性に、『嘘を申請したから大丈夫』と語っていたそうです」(A子さんの知人)

出典:「保育園落ちた」にヤジ飛ばした菅原一秀議員 国会休み愛人と旅行 - ライブドアニュース

	
菅原一秀 は単に「デマを真に受けて拡散した」んじゃなく、発言が差別煽動そのものであることが問われている。今や違法行為。

菅原・前副財務相「帰化悔しくて泣いた人」と発言 蓮舫氏側「ネットの捏造」 毎日新聞
	
国会議員がデマを確認しないで流すのは、それを喜ぶ人に媚びているだけ。そんな議員に票を入れる人も、無責任としかいいようがない。

自民・菅原一秀議員「蓮舫氏は帰化が悔しくて泣いた」発言し訂正 蓮舫氏「SNSのデマだ」
	
菅原一秀「蓮舫氏は帰化し泣いた」
すがわら一秀の「直球勝負‼︎」

「直球勝負‼︎」て笑わせんな
凄すぎてボールが画面から消える多田野の超スローボール並みのド変化球じゃねぇかよ
	
蓮舫に発言撤回と謝罪を求められた自民党の菅原一秀(sugawaraisshu)議員がブロック祭り絶賛開催中! - Togetterまとめ さんから
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21