• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
<舞鶴の原発では裁判所(判事)が頑張ってくれたけど・・・!> 伊方原発3号機、7月26日再稼働へ 四国電力方針

サムネイル出典:

<舞鶴の原発では裁判所(判事)が頑張ってくれたけど・・・!> 伊方原発3号機、7月26日再稼働へ 四国電力方針

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Posted date:
<舞鶴の原発では裁判所(判事)が頑張ってくれたけど・・・!> 伊方原発3号機、7月26日再稼働へ 四国電力方針

伊方原発の地下にも断層(中央構造帯)が走ってることはすでに周知の事実!また、老朽化も指摘されている・・・もちろん司法にも推進派の手は回っていると言うが愛媛裁判所も頑張ってほしいものだ

 四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)について、四電が7月26日に再稼働させる計画を原子力規制庁に説明していることがわかった。作業や点検が順調に進めば7月中の発送電が計画されている。

 計画によると、伊方3号機へ6月24日から核燃料の搬入を始め、7月26日に制御棒を引き抜いて原子炉を起動する。同月29日には発送電を開始する。

 伊方3号機は原子力規制委員会が昨年7月に新規制基準を満たすとして四電の安全対策の基本方針を許可。同10月には愛媛県の中村時広知事と地元の伊方町の山下和彦町長が再稼働への同意を表明した。新基準に適合するための安全対策工事は5月に終了し、現在は規制委による使用前検査を受けている。

 東京電力福島第一原発の事故後にできた新規制基準下での再稼働は、九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県)、関西電力高浜原発3、4号機(福井県、運転停止中)に続いて5基目。

出典:伊方原発3号機、7月26日再稼働へ 四国電力方針 (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

	
再稼働は愚かで危険!
伊方原発3号機、7月26日再稼働へ
四国電力伊方原発3号機について、四電が7月26日に再稼働させる計画を原子力規制庁に説明していることがわかった。作業や点検が順調に進めば7月中の発送電が計画されている。
	
7月26日伊方再稼働 「無責任」「安全」平行線(愛媛新聞ONLINE) 再稼働に反対する市民らは「事故が起きれば誰も責任を取れない」と憤慨。参加者から伊方原発の耐震安全性への懸念の声が相次いだ。
	
久々に大きな地震。
四国、山口県にも揺れが広がってる(最大震度4)

こんな状態なのに、伊方原発を来月26日に再稼働するんだって。アタマおかしいよね。
	
伊方原発3号機に核燃料装填へ 
6月24日ごろにも死国電は7月下旬の再稼働を目指している。
プルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料16体を含む157体の燃料集合体を装填する計画。
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21