• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【驚愕】よく見ると とんでもないフリーメイソンの陰謀と小保方晴子潰し。STAP細胞はあった?よく見ると不思議な話・・・【閲覧注意】

サムネイル出典:

【驚愕】よく見ると とんでもないフリーメイソンの陰謀と小保方晴子潰し。STAP細胞はあった?よく見ると不思議な話・・・【閲覧注意】

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Posted date:
【驚愕】よく見ると とんでもないフリーメイソンの陰謀と小保方晴子潰し。STAP細胞はあった?よく見ると不思議な話・・・【閲覧注意】
	
小保方さんどうのがトレンドになってたけどよく分からない。
よく分からないけど権力で事実がねじ曲げられることは本当にあるってことは今年ほんとの意味で知った。
“陰謀”とか嘘くさい言葉だけどそっちを信用してしまいそう。
今ならフリーメーソン都市伝説を本気で信じれるかもしんないww
	
フリーメーソン日本グランドロッジから止められたのかな。 / “小保方さんへの資金援助を……ナイナイ岡村の呼びかけに高須院長 「関わりたくない」 | RBB TODAY”
	
iPSを超えるSTAP細胞を発見した小保方晴子さんの論文を掲載した科学雑誌ネイチャーが、ヨーロッパ科学フィクション・ソサイエティからベスト・フィクション賞を受賞

フリーメーソンのメンバーによるXクラブ
ネイーチャーはイギリス王室の雑誌
	
	
一度は見て!(matuさん) 米国の研究者が”STAP現象”を発表!『小保方晴子さんの発見は真実だった事が証明された』 … …
	
小保方さん自身が作成に失敗したときにはあんなに騒いだのに、いざSTAP細胞の作成に成功したときには報道さえしないマスコミ
STAP細胞の特許出願、米ハーバード大学が世界各国で…今後20年間、権利独占も から
	
"STAP問題、小保方氏犯人説を否定する検察判断…嘘広めたNHKと告発者の責任問われる" | "元理研研究者である石川智久氏が刑事告発...神戸地方検察庁は「窃盗事件の発生自体が疑わしく、犯罪の嫌疑が不十分だ」として不起訴に"
	
2014年6月16日小保方研冷凍庫STAP幹細胞は「B6129」だったのに7月は「129B6」。2005年論文核移植ES細胞は 「129B6」のはずが「B6129」。同時期作成の太田ES細胞は「129B6」。不思議
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21