• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
新電力会社への乗り換えは携帯電話の機種変更より簡単、でも電源構成にはご注意

新電力会社への乗り換えは携帯電話の機種変更より簡単、でも電源構成にはご注意

Author:
Fossils15Fossils15
Release Date:
新電力会社への乗り換えは携帯電話の機種変更より簡単、でも電源構成にはご注意

大手電力から新電力に契約を切り替えた(スイッチ)件数が6月半ばで111万件

家庭でも電気を買う会社が自由に選べる電力小売りの「全面自由化」が始まって3ヶ月近く。大手電力から新規参入の事業者に契約を切り替えた(スイッチ)件数が6月半ばで111万件を超えた。一番多いのは、東京電力管内の68万7200件。次いで関西電力管内の22万9100件。日本全国の6260万件の対象(家庭5600万世帯)のうち約1.7%がすでにスイッチしたことになる。大都市圏での切り替えは進むが地方では低調のようだが、情報が行き届かず相変わらず新電力会社会を選びにくいとか面倒臭そうとかの事情がありそうだ。

スイッチング支援システムの利用状況(~6 月 10 日 24 時)

「スイッチング」の値は、小売電気事業者が需要者との契約に基づきシステムに入力した件数。

「新しい電力会社に乗り換えました」体験談を発表しているグリーンピースのiSwitchキャンペーン

信頼できる電力会社がいい!安い電力会社がいい!など、それぞれのスイッチィング理由は様々だが、「クリーンな自然エネルギー中心の電力会社に乗り換えたい」という声も、キャンペーンの中で1万5千近く集まっているという。また、すでにスイッチした方々の体験も紹介している。
Q.どうやって電力会社を決めたんですか?
A.自分なりの条件を決めて比較
わたし自身、当初は、生活クラブエナジー、パルシステム電力、みんな電力を考えていましたが、契約口数が少なかったり、抽選であったり、電力供給がまだこれからなど4月時点での契約は難しい状況でした。次に候補に上がっていたのがENEOSでんき、Looopでんきでした。どちらも契約は可能だったので、さらに条件を付け加えて比較しました。
 
①2年契約など契約に縛りがない事、解約金がないこと(状況によっては第一候補に考えていた3社への乗り換えもあるため)
②パワーシフトキャンペーンのホームページで紹介されていること
③価格.comでの電力料金比較
結果は、Looopでんきと契約をする事にしました。
 
Q.電力会社の乗り換えは簡単でしたか?
A. とても簡単でした!
4月中旬にLooopでんきのホームページから申し込み、その時に必要だったものは東京電力から毎月届く検針票とクレジットカードだけです。
5月中旬にスマートメーターの交換。(取替完了の通知がポストに入っていたので気がつきました。立会い、停電は無し)
5/24にLoopでんきに切り替え。(何も変化は無いのでいつ切り替わったかもわかりません)
5/26東電エナジーパートナーからメールがありました。契約が他社になったのででんき家計簿の更新が止まりますと。
時間別使用量のグラフが見えなくなりました。
 
感想としては、契約変更はとても簡単でした。
自然エネルギー主体の電力会社はまだこれからですので、まずは東京電力から契約を変える。
今回一番の目的(原発再稼働を進めようとしている東京電力からの乗り換え)は達成できました。

Q.乗り換えた今の心境は?
A.Looopでんきにもっと電源構成の開示を!&他の人にアドバイスしたい!
携帯電話の機種変更より手間がかからなかったのが正直驚きです。
まずは東京電力から乗りかえられてほっとしていますが、Looopでんきも、70%の電源が「その他」とくくられていて、何でできた電気なのかわからなくなっているなど、まだ課題があります。
Looopでんきの電力構成の開示をさらにしてもらうよう、お願いしていきたいと思っています。電力自由化で契約を変更しようとしている人にアドバイスをしていきたいと思います。

出典:携帯電話の機種変更よりも簡単で拍子抜け【電力会社スイッチ体験談#1】

	

東京電力管内で一番スイッチングが多い東京ガスだが自然ネルギー100%ではない。

東京ガスの落とし穴・・・
東京ガスはいま、一番乗り換えの多い電力会社です。電源構成を見ると原発を使わず、天然ガス100%となっているのですが、気になる点が2つあります。
1つは、原発をもつ関西電力・東北電力との提携。関電とは天然ガス発電所の運営について、東北電とは大口顧客向けの展開について提携と報道されていますが、両社が原発をもっている限り、提携には大きな疑問と不安がつきまといます。
もう1つは、石炭火力発電所の建設計画。二酸化炭素排出量の多い石炭火力発電所を新しく立てるのは、先進国では日本くらいです。

出典:経産省も調査に乗り出した!クリーンな電力会社がもっと探しやすくなる

	

9月から小売りを始める会社もあるので、悩んでいる方は少し時間をかけて考えよう。

「初めはsoftbankを考えました。 が中身が東電なので止めました。 すこし時間をかけて考えます。 
5月17日から自宅の屋根に 太陽光発電システム一式の工事をします。 東北電力に1円でも多く払いたく無いので」(宮城県在住の方)
通常のプランは別に「FITでんき」というプランを設定し、FIT自然エネルギー6割の電気を提供するソフトバンクですが、実は東京電力と提携しています。せっかく乗り換えても、お金が東京電力の原発計画に使われたら意味がない!

出典:経産省も調査に乗り出した!クリーンな電力会社がもっと探しやすくなる

	

経済産業省が電源構成などの表示を今後するか電力会社にアンケート

経済産業省が、電力会社276社に対して、アンケートを実施しました。
何で電気を発電したかを示す電源構成やCO2排出量を表示しているか、する予定があるかを聞いたところ、約7割の会社が電源構成・CO2排出量をすでに公表している、または公表する予定がある、と回答したそうです。

出典:

	

電源構成を公開している会社がわかる「電力会社クリーン乗り換えガイド」

iSwitchに参加した方にお届けしている「電力会社クリーン乗り換えガイド」作成のために、グリーンピースでは電力会社280社のホームページをチェックしましたが、4月中旬時点でホームページに電源構成を掲載しているのは22社のみでした。
その数が、これから増えそうだ、ということが調査結果からわかりました。
電源構成の情報がしっかりあれば、わたしたちはもっと賢く電力会社を選べますよね。
今後、経産省もフォローアップしていくそうですが、わたしたち消費者も、企業の情報公開、要チェックです。

出典:クリーンな電力会社が見つけやすくなるかも!

	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
Fossils15