• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
親はありがたい?子供は?給食がわりに360円の格安弁当「ハマ弁」

親はありがたい?子供は?給食がわりに360円の格安弁当「ハマ弁」

Author:
gulugoogulugoo
Release Date:
親はありがたい?子供は?給食がわりに360円の格安弁当「ハマ弁」

給食がわりに360円の格安弁当 横浜市の「ハマ弁」は成功するか?

横浜市は保育所の待機児童対策に注力し続けた結果、「待機児童ゼロ」を達成して大々的にアピールしたまではよかったが、これが子育て世代の潜在ニーズを呼び起こし、現在では保育所を建てても建てても足りない状況。「今は子育て関連にこれ以上のお金をかけられない」(市関係者)との本音も聞こえてくる。

 そこでひねり出した案が、中学校「給食」ではなく「昼食」の充実だった。共働き世帯の増加により、家庭弁当が負担となっている世帯が多いのは横浜市も同じ。そこで、多額の予算を必要とする完全給食ではなく、市が主導する「安価な昼食」を選択肢として用意するという案を示した。

出典:給食がわりに360円の格安弁当「ハマ弁」を提供 生徒は満足できるのか - ライブドアニュース

	
ハマ弁は、おかずとごはんのセットで1食360円となっており、日替わりのおかずは2種類から選べるようにした。ご飯の量も調整可能だ。さらにオプションとして牛乳(80円)や汁物(30円)を注文することもできる。ホームページには写真付きのメニュー表が公開されており、「煮込みハンバーグ・スウィートキャロット」「たらのカレームニエル・スウィートキャロット」といった日替わりのメニューが並び、一部の保護者からは「この内容で360円は魅力的」という声もある。

 横浜市で中学生の子を持つ共働き世帯の親にとっては“朗報”とも言えるが、問題は実際に食べる側の中学生が満足できるかどうかだ。栄養バランスに配慮し、ハマ弁というネーミングで独自性を打ち出してはいても配達弁当であることには変わりない。市はごはんと汁物は温かい状態で提供するものの、現時点ではおかずは冷たいままとする方針だ。

出典:給食がわりに360円の格安弁当 横浜市の「ハマ弁」は成功するか? 〈dot.〉|dot.ドット 朝日新聞出版

	
毎日弁当作るのは大変だからこういう弁当販売でいいですよね。
販売弁当が冷たいって言うけれど家で作る弁当も冷めちゃうけどね。

給食がわりに360円の格安弁当「ハマ弁」を提供 生徒は満足できるのか
	
冷たい弁当が餌っていう子供はどんなものを提供されても文句言うと思うよ。ソースはうちの夫。「出来立て」に拘るのも大概にしてほしい("A`)

給食がわりに360円の格安弁当 横浜市の「ハマ弁」は成功するか?
	
「家弁」だって冷凍食品詰め込んだり、コンビニ弁当詰め替えたりしてるんだから何でも一律にしないで、家庭の事情に合わせればいい。給食がわりに360円の格安弁当 横浜市の「ハマ弁」は成功するか? 〈dot.〉|dot.ドット 朝日新聞出版
	
いつ誰が弁当の方がいいといったのだ?横浜市の中学生を持つ親として、そんなことを思ったことは一度もないけど!一秒でも早く給食にしてくれ、、、

給食がわりに360円の格安弁当 横浜市の「ハマ弁」は成功するか?
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
gulugoo

面白い事を紹介していきます。 よろしくお願い致します。