• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
鳩山邦夫氏の死亡で話題になってしまった「炭水化物抜きダイエット」の危険性とは?

鳩山邦夫氏の死亡で話題になってしまった「炭水化物抜きダイエット」の危険性とは?

Author:
gulugoogulugoo
Release Date:
鳩山邦夫氏の死亡で話題になってしまった「炭水化物抜きダイエット」の危険性とは?

鳩山氏は炭水化物抜きダイエットをしていたという

テレビ朝日の朝の情報番組「モーニングバード」によると21日亡くなった元総務大臣・元法務大臣 自由民主党 鳩山邦夫氏は「炭水化物抜きダイエット」をやっていたという。これは極端に炭水化物を摂取せず、糖質をカットすることで体重を劇的に落とす校歌があるとされており、実際に鳩山氏はかなりの体重が落ちて、やせ細っていた。

はたして「炭水化物抜きダイエット」による影響で亡くなってしまったのかそれとも別の原因なのだろうか。

出典:【マジか】激痩せ「鳩山邦夫氏」の死亡は「炭水化物抜きダイエット」の影響?テレビの報道が物議|面白ニュース 秒刊SUNDAY

	

炭水化物抜きダイエットの危険性

このダイエット方法は危険とお伝えしましたが、それはいろんな副作用があるからです。炭水化物は脳で使用されるエネルギーです。不足すると脳が働きません。頭がボーッとしたり、悪い場合は脳機能障害を起こしてしまいます。また、イライラしてストレスが溜まります。

またエネルギー不足の解消のために、脂肪からだけでなく、体の中にあるタンパク質からも分解してエネルギーを得ようとします。そのためタンパク質でできている肌や髪は十分な栄養を得ることができず、美しさを失ってしまいます。最も危険視されるのは、体の健康維持の妨げとなってしまうことです。血液はドロドロになってしまいますし、臓器は不良を起こして体調不良になり、やがては病気になってしまう人もいるようです。

ちなみに、このダイエット方法の原形を作った医師であるロバート・アトキンスさんは、死亡時には心臓病を患っていたそうです。

出典:炭水化物抜きダイエットは危険! やるなら、正しいやり方で

	

炭水化物とは不足させてはならない栄養素

炭水化物はタンパク質や脂質、ビタミン、ミネラルとともに5大栄養素の一つに数えられ、生命を維持する上で欠かしてはならない重要な栄養素です。

摂取すると体内で分解されてブドウ糖(グルコース)となります。そして血液の流れに乗って体中に運ばれて、エネルギーとして使われます。特に、ブドウ糖は脳で使われるエネルギーですので、不足させてはならない栄養素なのです。

出典:炭水化物抜きダイエットは危険! やるなら、正しいやり方で

	
鳩山邦夫氏死去は同い年なので気になった。炭水化物抜きダイエットに嵌まっていたという。早めに結果が出るからなあ。しかしリバウンドもしやすいことはアトキンス法でわかっている。極端なことは超短期でならいいけど長期だと何が起こるかわからない。
	
「炭水化物抜きダイエットはやっぱり怖い!」永田町から、そんな話が飛び交っている。元首相、鳩山由紀夫氏の弟で、総務相や法相などを務めた自民党の鳩山邦夫衆院議員が67歳で死去したことが伝えられたが、原因が...
	
糖質制限ダイエットは、🐉もオススメしない。結構、人が死んでる。鳩山さんも、その1人のようだ。ロクなもんじゃねぇ!
	
【拡散】
鳩山邦夫氏の死亡原因を色々報道する中『炭水化物抜き〝ダイエット〟が原因か?直接因果関係は無いが⁇』って、元々〝RIZAP〟の炭水化物抜きはやり過ぎで、特に米は食物繊維が豊富だから注意しないと、森本さん見たいな脳に成るw❗️
	
激やせで心配されていた鳩山邦夫氏。今月上旬に秘書が「病気?そんなことはありません。本人は元気ですよ。ただ、ここ最近は太り気味だったので、健康管理の一環として軽い運動をしたり、『炭水化物抜きダイエット』をしていました」と答えていた。
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
gulugoo

面白い事を紹介していきます。 よろしくお願い致します。