• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
英国EU離脱は予定通りか露中の動き速し、どうする独

サムネイル出典:

英国EU離脱は予定通りか露中の動き速し、どうする独

Author:
DimaDima
Posted date:
英国EU離脱は予定通りか露中の動き速し、どうする独

英国EU離脱決定

英国は国民投票を行なってEU離脱を決めた。
この結果を受けてEU残留を指示していたキャメロン首相は辞任を決めた。

キャメロン首相辞任を決断

すかさずスコットランドが声明、独立再燃か

昨年だったか、スコットランドが独立するかどうかで投票を行ない僅差で英国残留となった。
今回のEU離脱国民投票に付いていえば、このスコットランドに圧倒的に残留指示に投票した人が多かった。そこで、今回の結果から、早速スコットランドが動きそうな気配だ。スタージョンFM(スコットランドの首相にあたる)の声明によると、ひょっとすると独立運動が再燃してスコットランドだけEU入りをする動きとなるかもしれない。

フランスが呼応

フランスでは国民戦線のルペン代表が(まるで英国の動きに呼応するかのように)フランスもEU離脱するかどうかの選挙をするべきだと言っている。
「フランスの極右政党、国民戦線(FN)のマリーヌ・ル・ペン党首は、英国のEU離脱について「自由の勝利」だとして歓迎。さらに、オランダの極右政党である自由党のヘルト・ウィルダース党首は「われわれは、自身の国、資金、境界、そして移民政策を管理したい」とし、オランダでもEU離脱の是非を問う国民と表を実施すべき、と述べた。」(『ニューズウィーク』)

どうする独のメルケル首相、このまま借金国の面倒を一手に引き受けるはめになるか?

ロシア,中国すかさず動く

ところでロシアと中国をはじめとしたSCO(上海協力機構)会議が行なわれている。

既に予想されていた(?)EU離脱

今日の投票結果は日本の各メディアではまるでまさかの離脱みたいな報道姿勢だが、海外では(日本もそうだと思うが)おそらくこういう結果になると予想していたのではないかと私は見ている。
それを受けて待ってましたと各国が動き始めた感がある。特にロシアと中国は既に結果を織り込み済みで動いて手を打っている。
英国は昔の大英帝国に回帰しているのだろうか。米国ではトランプが偉大な米国へと回帰を訴えて躍進している。(「偉大な米国」って何だ?差別と暴力と金儲けの野蛮人じゃねか?という声はおいておくとして。)そしてフランスのル.ペンも。どうも流れが世界的な閉塞状態に向かっている。
そうなると、悶々とした状態からそれを打破するために行き着く先は軍事の話となって行くのではないかという気がする。

日本の舵取りは大丈夫かいな?

英国離脱の影響はEUだけの話ではない。日本にも影響は必至なのだが、7月の参議院選挙に向けて日本国民はどう考えるだろうか?経済が停滞する恐れがある(当然一部の金持ちはこういう状況でもしっかり儲けるのでいいのだろうけれど)中、政治の舵取りを誰に任せるか。
政権与党の自民党はなんだかんだ言って経験がある。民主党(現:民進党)は政権をとっても政治能力がないことが社会党と民主党の二度の政権でよくわかった。貧困が増えて来れば共産党はブームとなって少しは伸びるだろう。憲法九条を守ろうとする政党が政権を取れば、逆に憲法九条が本当に機能するかどうか(本当にそれが重要な憲法なのかどうか)米中両国に試される事象が起きる事は分かりきっている。

結局「選んだお前たちの責任だ」(アドルフ ヒトラー)
となるわけで、、、。

今回のが引き金になって、世界規模で厳しい状況になるかも。
まだまだ悲劇の序章の始まりにすぎないってか。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
Dima

小さな団体の非常勤役員です。海外に行くと逆に日本がよく見えますし、一人の時間を楽しめますので、年に数回は東南アジアに足を運びます。また南国の暖かい気候は脳神経や血行に良いと実感。 異常さの中に浸かっていると自分の異常さが見えなくなります。 日本はこの先いったいどこに向かうのでしょうか?