• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
<・・・この現実に目をつぶるな!目を覚ませ!!>憲法改正で日本が「ブラック国家」・・・表現の自由弾圧、拷問フリー、戦争に行かなければ死刑 <この現実と戦え!!>

<・・・この現実に目をつぶるな!目を覚ませ!!>憲法改正で日本が「ブラック国家」・・・表現の自由弾圧、拷問フリー、戦争に行かなければ死刑 <この現実と戦え!!>

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Release Date:
<・・・この現実に目をつぶるな!目を覚ませ!!>憲法改正で日本が「ブラック国家」・・・表現の自由弾圧、拷問フリー、戦争に行かなければ死刑 <この現実と戦え!!>

憲法も参院選の重要争点の一つだろう。政権発足以来、経済を中心とした政策を進めてきた安倍政権だが、参院選後は間違いなく憲法改正へと力を注いでいくと観られる。問題は、その自民党の憲法「改正」案があまりに酷いことだ。自民党案の通り、憲法が「改正」されることになれば、日本はブラック企業ならぬ「ブラック国家」化することになる

これが通ったら人権条項も吹っ飛ぶ→自民党の憲法「改正」草案の中で最も注意すべき「緊急事態条項」についてもう一度まとめます。 さんから
	

自民党は日本を国連から脱退させるつもりか?

自民党の憲法「改正」案の問題部分や関連文書、それに絡む政府要人の発言を、わかりやすく意訳すると以下のようになる。

「基本的人権?そんなもん当たり前にあると思うな」*自民党憲法改正Q&A
「拷問は一応控えるけど、絶対じゃない」*自民党憲法改正草案36条
「表現の自由はある。国の都合次第だけど」*自民党憲法改正草案21条
「お前らが平和に生きる権利なんてない」*憲法前文の変更
「戦争に行けという命令に背くなら死刑か懲役300年」*TBS出演番組での石破発言
「仮に日本が攻撃されなくとも、米国様に手出そうとする奴はブッ殺す」
*集団的自衛権の行使を認める。自民党憲法改正Q&A
「非常事態宣言で内閣の好き勝手に法律つくるよ」*自民党憲法改正草案98条、99条
「俺らのつくった憲法に従え」*自民党憲法改正草案102条

まるでどこかの独裁国家のような内容だ。無論、上記のような表現で草案条文が書かれているわけではないが、そこに含まれている意味を読み解けば、上記のようなものとなるということだ。

出典:憲法改正で日本が「ブラック国家」化ー表現の自由弾圧、拷問フリー、戦争に行かなければ死刑(志葉玲) - 個人 - Yahoo!ニュース

	

国家の都合で人権を守らなくてもよいという発想

自民党の憲法「改正」案に一貫して色濃く現れている特徴が、国家の都合で人権を守らなくてもよいというものだ。「表現及び結社の自由」についての自民党憲法「改正」案の21条には、わざわざ以下のような条文が付け加えられている。
自民党憲法改正草案21条2
「2 前項の規定にかかわらず、公益及び公の秩序を害することを目的とした活動を行い、並びにそれを目的として結社をすることは、認められない」

この「公益及び公の秩序」が何を示すのかという解釈でいくらでも表現の自由を抑制できることになりかねない、非常に問題のある条文だ。例えば、自民党は福島第一原発事故後も原発推進にきわめて積極的で、参院選の公約でも原発再稼働を掲げている。今後の展開によっては、脱原発デモに参加したり、脱原発に絡む言論をしただけで、「公益及び公の秩序を害する」とみなされる可能性があるだろう。

不気味といえば、自民党憲法改正草案36条だ。現在の憲法の「公務員による拷問及び残虐な刑罰は、絶対にこれを禁ずる。」の「絶対に」の部分が抜けているのだ。憲法においては、権利の抑制などの調整可能な相対的な権利と、調整を許さない絶対的な権利がある。
「拷問されない権利」というのは、国際的に認められた、絶対の権利なのだ。そこから「絶対」を抜くということは、国家の都合で拷問を行うこともあり得るということを意味する。

出典:憲法改正で日本が「ブラック国家」化ー表現の自由弾圧、拷問フリー、戦争に行かなければ死刑(志葉玲) - 個人 - Yahoo!ニュース

	

「戦争に行かないなら死刑」の衝撃、米国の戦争に巻き込まれる

自民党の憲法「改正」案の特徴として、看過できないのが、平和主義の否定だ。日本国憲法前文からも以下の部分が削除されている。

日本国憲法前文:
「日本国民は、恒久の平和を念願し(中略)平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に 除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する」

中でも「平和のうちに生存する権利」の部分は、「平和的生存権」と呼ばれるもので、戦争で殺されたり、戦争に加担させられたりしないで生きられる権利のこと。自衛隊イラク派兵違憲訴訟での名古屋高裁の判決で認められ、改めて注目を浴びた権利だが、自民党は国民の平和的に生きたいという権利すら、気に食わないようだ。

「平和的生存権」の否定は、最近の政府要人の発言にも現れている。石破茂・自民党幹事長は、TBSの報道番組中で以下の様に発言した。

「これは国家の独立を守るためだ。出動せよ、と言われたときに、いや行くと死ぬかもしれないし、行きたくないなと思う人がいないという保証はどこにも ない。だからそれに従えと。それに従わなければ、その国における最高刑に死刑がある国なら死刑。無期懲役なら無期懲役。懲役三百年なら三百年。そんな目に遭うぐらいなら、出動命令に従おうっていう」。

自民党の憲法「改正」案では、自衛隊を「国防軍」とし、軍に「審判所」を置くとしている。

出典:憲法改正で日本が「ブラック国家」化ー表現の自由弾圧、拷問フリー、戦争に行かなければ死刑(志葉玲) - 個人 - Yahoo!ニュース

	
平和主義は解釈がわかれるとしても、少なくとも国民主権と基本的人権がない憲法は憲法ではない。これが元法相か。異常な発言。(平)
	
	
何度も書いてますが、「憲法改正(悪)」によって、国民の「基本的人権」や「国民主権」をなくし、戦前の国家体制に戻せば富は「上位1%」に偏在し、中間層はいなくなる。そういう国に戻したいか戻したくないかが今回の参院選で問われてる。
	
自民の古屋憲法改正推進本部長代理
首相の権限を強化する緊急事態条項新設から着手したいとの意向を示す「本音は九条改憲だが、リスクも考えないといけない。緊急性が高く、国民の支持も得やすいのは緊急事態条項だ。本音を言わずにスタートしたい」
	
2016/06/18 に公開

自民党の中枢を牛耳る面々の
恐ろしき式典の全貌が今明らかに!

『国民主権、基本的人権、平和主義を削除しよう!』

『尖閣諸島軍事利用しよう!』

など驚愕の宣言続出

(安部首相も出席)
	
憲法改正誓いの儀式   2016/6/18

いよいよ本当に憲法を変えられる時が来た~

①国民主義・平和主義・基本的人権を無くす。  
②国防軍の創設する。
③尖閣諸島軍事利用しよう。
	
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21