• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
<どこまで・・・信憑性が?> 英国市民の8割がロシア大統領ウラジーミル・プーチン氏に英国の首相になってほしいと思っている。Daily Expressによる調査で明らかになった・・・<でも、世界中が社会の支配体制の返還を望んでる!!>

<どこまで・・・信憑性が?> 英国市民の8割がロシア大統領ウラジーミル・プーチン氏に英国の首相になってほしいと思っている。Daily Expressによる調査で明らかになった・・・<でも、世界中が社会の支配体制の返還を望んでる!!>

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Release Date:
<どこまで・・・信憑性が?> 英国市民の8割がロシア大統領ウラジーミル・プーチン氏に英国の首相になってほしいと思っている。Daily Expressによる調査で明らかになった・・・<でも、世界中が社会の支配体制の返還を望んでる!!>

(プーチン)「一国、そして欧州全体にとっての重大な決定に決着を付けるやり方としては、英国首脳部の考えが甘く、思慮が足りなかった」「当然、情勢はしっかり見守っていたが、わが国がその過程に影響を及ぼしたことはなく、試みたことさえない」・・・背負ってるものが違うのだろう

「ほぼ8割の英国人、つまり、5人中4人が、KGBの元職員である強力な人物を現首相より好ましいと評価している。英国政府の最高役職はプーチン氏のものとなる」とDaily Express。

世界の指導者のうち、誰が一番英国首相にふさわしいか、との問いに、千人中の78%がプーチン氏と答え、22%がキャメロン首相と答えた。

また70%が、ロシアによるシリアのダーイシュ(IS、イスラム国)拠点への空爆を支持している。

また、49%が、キャメロン首相は職務を充分満足いく形で遂行してはいない、と答えている。

出典:英国人の8割が「プーチン大統領に英国の首相になってほしい」

	

世界を震撼させた英国のEU離脱・・・見せるかイギリス魂? イルミナティの盟主国をロンドン市民が粉砕できる??

英国人がアイルランドのパスポート取得に殺到、EU市民権求め

[ダブリン 27日 ロイター] - 英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)決定を受け、EUの市民権を引き続き享受したい英国人がアイルランドのパスポートを取得するため、ロンドンのアイルランド総領事や北アイルランドの郵便局に押し寄せている。

アイルランド外務省が27日、明らかにした。

アイルランド生まれ、または両親か祖父母のどちらかがアイルランド人である英国人は、アイルランドのパスポートが取得できる。

郵便局ではパスポート申請書が品切れとなり、処理した申請の数は、通常1日200件程度なのに対し、この日は4000件を上回った。

北アイルランド市民はアイルランドと英国の両方のパスポートを保有できる。

アイルランドのフラナガン外相は声明で「国民投票後、北アイルランドやグレートブリテンなどからアイルランドのパスポートへの関心が急に高まっている」と述べ、この現象は更新時期に窓口が非常に混雑したり、近く渡航を計画している人に影響を及ぼす可能性があると警告した。

また、フランスに5年以上住んでいたり、配偶者がフランス人の場合に、英国とフランスの両方のパスポート持てる。

ベルギーやイタリアなどでも同様の動きがみられ、配偶者や親が欧州出身の場合には、その国のパスポート取得が可能かどうか問い合わせが増えているという。

出典:http://jp.reuters.com/article/britain-eu-ireland-passports-idJPKCN0ZE0SI?utm_campaign=trueAnthem:+Trending+Content&utm_content=5772992504d3012a357eac10&utm_medium=trueAnthem&utm_source=twitter

	
英国、EU離脱で国家解体へ…経済的利益なし、「偉大なる大英帝国」復活という妄想
	

英国、EU離脱で国家解体へ…経済的利益なし、「偉大なる大英帝国」復活という妄想

主権の回復という「歴史の針の巻き戻し」は現実的か

 離脱推進派の中心人物であるジョンソン前ロンドン市長は、「経済での目先の不利益は主権回復に必要なコストで、長期的には離脱が国益にかなうはずだ」と述べており、保守党のEU離脱派は、EU加盟によって失った国家支出や政策決定における自己決定権をEU離脱により取り戻すという「主権回復の戦い」であると主張している。ジョンソン氏がいう国益が経済的な意味であるとすると、EU離脱に伴う悪影響を克服して長期的に経済成長するといえる論拠は乏しい。
 EU離脱派は、過去の栄光である「偉大なる大英帝国」復活への第一歩と言って、「歴史の針の巻き戻し」を行おうとしているように思える。そもそも、主に高齢のイギリス人の歴史的認識では、イギリスと欧州大陸は別であり、イギリスは欧州大陸の一部ではないので、離脱支持派にとってEU離脱は英国本来の欧州大陸との関係に戻るだけであろう。そうであれば、19世紀末にジョセフ・チェンバレンが自国民を鼓舞する演説で用いて流行語となった「光栄ある孤立(Splendid Isolation)」というこの時代のイギリス外交を象徴するフレーズが、今後、再び多用されるようになるのではないか。

出典:http://biz-journal.jp/2016/06/post_15673.html

	
英国のEU離脱、未曾有の世界同時景気後退の兆候…欧米各国、自国第一主義で協調崩壊
	

英国のEU離脱、未曾有の世界同時景気後退の兆候…欧米各国、自国第一主義で協調崩壊

中露連合が、今世界政治を動かしている! 英EU離脱、トランプとプーチンが勝者! 国民主権の蘇生回復である! 今やEUも米欧同盟も 世界政治において絶対的ではない! 今や世界の流れは経済権力の 人工秩序からの脱却であり、 国民主権の蘇生回復である。

人々は日本でもヨーロッパでもアメリカでも社会の支配体制の変化を望んでる!!

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21