• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【日本代表特集】悔し過ぎた2014年FIFAワールドカップ。日本戦の結果とハイライトを振り返りましょう

【日本代表特集】悔し過ぎた2014年FIFAワールドカップ。日本戦の結果とハイライトを振り返りましょう

  • Theme:
Release Date:
【日本代表特集】悔し過ぎた2014年FIFAワールドカップ。日本戦の結果とハイライトを振り返りましょう

日本サポーターは奇跡が起きる事を願い、コロンビア戦で日本を応援した訳ですが、前半の期待感は後半に脆くも崩れ去ってしまいました。4年後の2020年はベスト16と言わずに優勝かベスト4を目指しがんばってもらいたいですね。

では早速ですが、2014年FIFAワールドカップ 日本戦を振り返ってみましょう。

日本戦 3試合 詳細結果

コートジボワール 対 日本

出典 Google:2014年 FIFAワールドカップ 日本 コートジボワール Google

【動画】コートジボワール 対 日本 ハイライト

【動画】コートジボワール 対 日本 ハイライト

ギリシャ 対 日本

出典 Google:2014年 FIFAワールドカップ 日本 ギリシャ Google

【動画】ギリシャ 対 日本 ハイライト

【動画】ギリシャ 対 日本 ハイライト

コロンビア 対 日本

出典 Google:2014年 FIFAワールドカップ 日本 コロンビア Google

【動画】コロンビア 対 日本 ハイライト

【動画】コロンビア 対 日本 ハイライト

岡崎選手談話

――今の気持ちを

今は何も考えられない。これが自分たちの実力。自分がなにもできなかったことにがっかりしている。

――勇気を与えるプレーだったが。

勝てばいけたので勝ちたかった。こういう形で負けたことにかんしては実力の無さ。悔しくて何も考えられない。

――世界との差は

今は考えられない。こういう大舞台で結果を残せないのは甘いなと感じた。

――日本らしさは

ボールを前に運ぶことができたが、決めることができなかった。個人の、自分の力がなかった。

――今後については

自分自身がなにをやればいいのか今はぜんぜんわからない。ただただ悔しい。何もできなかったことが悔しい。

――サポーターにひとこと

たくさんのひとに応援してもらえたのに、期待に応えられなくて申し訳ない気持ちです。

本田選手談話

――終了の笛をどんな思い出

そうですね……。無念の一言というか。それを招いたのは自分自身。すべてを受け入れる必要がある。

――結果については

非常に悔しいですけど、これが現実ですし、優勝とまで言って、この散々な結果ですから。自分たちが未熟すぎた結果なわけですから。今はすべてを受け入れて、今後どうしていくか、時間をあけたいなと思います。

――この大会がおわることについて

敗者なんで何を言っても仕方がない。受け入れるしかない。

――サポーターに。

希望を見せたかった。本当に口だけに終わってしまって残念です。申し訳ないです。

長谷部選手談話

――気持ちを

自分たちの力不足。それ以上でもそれ以下でもない。

――今日のチームメイトはどうだったか

このチームはスタッフ、監督含め誇りを持っている。結果が出なかったので応援してくださった方々に申し訳ない気持ち。

――この4年間振り返って

結果がすべて。この4年間のためにやってきて結果が出なかったのはキャプテンとして責任を感じている。

――今後につながるものはあったか

結果が出なかったのが全て。日本のサッカー、未来に向かって同じプランを描いてやっていくことが大事だと思う。今日の試合は少し見せられたとは思うが、大会通しては残念だった。

監督談話

――今の気持ちを

非常に残念。いい試合だったが、もっとできることがあった。残念。

――前半終了時は可能性があったが

先制ゴールが欲しかったが、相手のカウンターが良かった。決めきれなかった。

――今日の選手たちのプレーについては

今日はいい試合でした。やりかたについては満足しているが、不運だった。相手も強かった。

関連ツイート

選手と共にサポーターとしても本当に本当に、悔しいワールドカップとなってしまいましたが、2018年のロシア大会で輝いている日本代表を信じています。残念な結果に終わってしまいましたが日本代表のみなさん、お疲れ様でした。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
マツオカソウヤ

プログラマー。Sharetube作ってる人。サーバ周り、サービス設計、システム、デザイン、執筆を手掛ける。SNSのJoinchrome、ソーシャルRSSのBazzfeed、TwitterアプリのPicleの失敗を経て、今に至る。今日もまた東京の何処かでコードと記事を書いています。