• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
<・・・頑張ってほしい! 生長の家も、立正佼成会も、時代錯誤の妄想に歯止めを刺した> 「公明党だからと盲目的に応援していたが…」“自民の歯止め”は嘘だった! 9177筆の「安保法案反対」署名を提出した創価学会員・天野達志さん

<・・・頑張ってほしい! 生長の家も、立正佼成会も、時代錯誤の妄想に歯止めを刺した> 「公明党だからと盲目的に応援していたが…」“自民の歯止め”は嘘だった! 9177筆の「安保法案反対」署名を提出した創価学会員・天野達志さん

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Release Date:
<・・・頑張ってほしい! 生長の家も、立正佼成会も、時代錯誤の妄想に歯止めを刺した> 「公明党だからと盲目的に応援していたが…」“自民の歯止め”は嘘だった! 9177筆の「安保法案反対」署名を提出した創価学会員・天野達志さん

「『公明党議員が悪いことはしないだろう』という信頼感のようなものがありました」――。  安保関連法案の危険性に気づき、創価学会員としてひとり立ち上がった、愛知県在住の天野達志さん。  公明党に不信感を抱くたびに、周囲からは「自民党が暴走するところを公明党が引き止めている」「公明党がいなければもっと酷いことになっている」と諭され、納得してきた。しかし天野さんは今回、集団的自衛権の行使を含む安保法案に対して、多くの学者が「違憲」だと指摘したことで「洗脳」が解けた

公明党をこんなふうにしてしまった学会員の責任にも気づきました

天野さんはネットで呼びかけ、公明党に安保法案の撤回を求める署名集めを開始した。最終的に9177筆もの署名を集めた天野さんは上京し、信濃町にある公明党本部を訪問。署名を山口那津男代表に手渡したいと要請した。

 しかし、そんな学会員に対する公明党の態度は極めて冷淡なもので、実際に公明党職員に署名を手渡すまで、なんと天野さんは、4日間も本部前に立ち尽くさなければならなかった。

 署名提出を終えた天野さんは、「公明党だからと盲目的に応援していたことに気付かされたし、創価学会が持っている、本当に改革しなければならない問題点が炙りだされたと思います」と振り返り、「これを出発点として、安保法案や公明党との関係など、問題意識を持ってやっていかなければいけないと感じた」と胸中を明かした。

出典:「公明党だからと盲目的に応援していたが…」“自民の歯止め”は嘘だった! 9177筆の「安保法案反対」署名を提出した創価学会員・天野達志さんに岩上安身が緊急インタビュー! | IWJ Independent Web Journal

	
どんどん内部から覚醒が始まっているのか・・・?
	
いまネットで評判という動画。シェアします。
なんと28年前に創価学会婦人部が作成。すごい先見性に驚く。
昨夏、安保法案反対の国会前行動には創価学会の3色旗もあった。...
	
	
まさかの反乱に公明党は真っ青になっている。支持母体、創価学会の“最高学府”「創価大学」から、安保法案「反対」の声が公然と上がり始めたのだ。
	
中平 光高:きます。最近でも安保法案反対のデモに創価学会のグループが参加していたことは記憶に新しいです。1ヶ月程前の記事ですが、改憲を目指す安倍政権にベッタリの執行部に対して、創価学会婦人部を中心とするクーデターの動きがリテラから紹介されています。
	
神奈川県横浜市の東神奈川区の創価学会組織など、昨年、国会前で安保法案反対派の学会員が三色旗を振る姿について「あれは共産党員が金剛堂(仏壇仏具店)などで、三色旗を買って振り回している」など、教団の会員を切り捨て、共産党に濡れ衣を着せた
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21