• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
日本終わったの・・・? 放射脳で狂乱社会誕生か?

サムネイル出典:

日本終わったの・・・? 放射脳で狂乱社会誕生か?

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Posted date:
日本終わったの・・・? 放射脳で狂乱社会誕生か?

ネット上に半裸の自撮り写真を投稿したとして東京高裁から厳重注意を受けた、岡口基一(おかぐち・きいち)裁判官(50)。 白ブリーフのみ、半裸のまま縄で縛られているといった「際どい」写真の数々がマスコミでも紹介されたが、ここにきて「局部丸見え」の写真を投稿していた可能性が浮上した。だが、写真の解像度は悪く、実際に局部が写っているのか、写っていないのかをめぐりネットで「論争」が起こっている

東スポ「局部露出」と報道
問題の写真は2015年11月24日に投稿された。全裸の外国人男性がファッションショーに出場したことを紹介するまとめ記事のアドレスを引用し、「『手パンツ』のファッションショーだったら、俺も負けてないぞ」とツイート。局部を手で隠しただけの自撮り写真を投稿した。

露出部分が多いものの、写真ではたいてい白いブリーフや水着を着用している岡口裁判官。しかし、こちらは見た限り、下着さえはいていない。フォロワーも「履いてないんですか」「アニキ、冷静に」など驚きの声を寄せている。

その後、今回の騒動が明るみになる中、「手パンツ」写真はいつのまにか削除。キャッシュが残っているのか、グーグルの画像検索では未だ表示されるものの、騒動を報じたテレビ番組はそれ以外の写真を紹介した。

一方、東京スポーツは6月30日付けの記事で「局部も露出か」と厳しく追及した。

「陰茎の先っぽをチラリとさらしています」と指摘しつつ、「もはや厳重注意レベルではない」と批判。同紙の成人男性向けコーナー「男セン」でも「NGな露出レベル」とし、撮影時の具体的なシチュエーションを推測をまじえて書いている。

J-CASTニュースでも当該写真を「解析」したが、解像度が悪く、「先っぽをさらしている」かどうかは断定できなった。

東京高裁「仮定の質問については答えられない」
こうした東スポの報道について、ネット上では、エリート裁判官の行動にあらためて驚きの反応が上がる一方で、

「別に局部なんか写ってない」
「尾ひれがついた話になってきた」
と東スポが指摘する「局部露出」を否定する声も少なくない。

東京高裁は、岡口裁判官に対する厳重注意の理由を3つ挙げている。いずれも卑わいな言葉を散りばめたツイートだが、その中に「手パンツ」写真は入っていない。仮に「手パンツ」写真が高裁側に認識された場合、追加の処分は下されるのか。

J-CASTニュースが4日に高裁に取材すると、担当者は「手パンツ」写真の存在を確認しているかどうかについては明らかにしなかったものの、「仮定の質問については答えられないが、不適切な投稿があれば適切に対応していきたい」と話した。

出典:半裸・岡口裁判官ツイッターに「新疑惑」 ネットで論争、高裁は対応に苦慮|ニフティニュース

	
岡口基一判事が再任拒否されて、記念に地下出版でフルヌード写真集を出したら間違いなく買う。それくらい好き。抱かれたい。
	
馬鹿な判事。持ってた写真で有罪にしろよ。>CGポルノに有罪判決 東京地裁「持っていた少女のヌード写真を使って作成した。写真と同一」 - SANSPO.COM さんから
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21