• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
クリスマスプレゼントにピッタリ!本物の「ショコラ(高級チョコレート)」BEST7!

クリスマスプレゼントにピッタリ!本物の「ショコラ(高級チョコレート)」BEST7!

Author:
mimimilk160mimimilk160
Release Date:
クリスマスプレゼントにピッタリ!本物の「ショコラ(高級チョコレート)」BEST7!

\クリスマスプレゼントに、ショコラを贈ろう!/

2016年も折り返し地点が過ぎ、そろそろ年末の予定が見えてきましたよね。年末の一大イベントと言えば、クリスマス!クリスマスのプレゼントに何を贈ろうか悩んでいるあなたにピッタリな「高級ショコラ」をご紹介いたします。

1位 HIRSINGER

□116年の伝統と歴史を持つ高級ハンドメイドショコラ、『イルサンジェー』。

『イルサンジェー』は、フランス・ジュラ地方にある、ワインの名産地アルボアで1900年に創業し、一家代々で116年以上続いている由緒正しき「ショコラトリー」です。
4代目の「エドワール・イルサンジェー」は、1997年に33歳という若さでチョコレート職人の最高の名誉にあたる「M.O.F(フランス 国家最優秀職人賞)」に輝いた、フランスを代表する巨匠の一人です。

苦味と重層構造のマリアージュが愉しめる「ショコラ」

『イルサンジェー』のショコラは、製法・レシピが門外不出で直系一族のみで受け継がれています。そのため、フランス人間国宝であるエドワール・イルサンジェーが自ら全て手作りしている「ショコラ」は、生産数が限られています。
ショコラは好きなので色々食べましたが、ダントツのナンバーワンはここです。
とっておきのご褒美か、とっても大切な人への、プレゼントに選びたい逸品!

出典:http://tabelog.com/tokyo/A1306/A130601/13136216/dtlrvwlst/48829885/

	
□完全事前予約制の『イルサンジェー東京ブティック』

赤と黒で統一された東京ブティック内では、全て手作りにこだわった高度な伝統技術と豊かな創造性に満ちている「ショコラ」をフランスの白ワインとのマリアージュで愉しむことができ、お好みのショコラをセレクトすることができます。
東京ブティックでは、希少な「ショコラ」をごく少量取り揃え、完全事前予約制(平日:7組、休日:14組)で販売しています。

『イルサンジェー』には、各当主が創りあげた歴史に残る『スペシャリテ』があり、一世紀以上変わらないその味が受け継がれています。

初代代表作「トゥシェフ」

2代目代表作「ガレ」

3代目代表作「シシィ」

4代目代表作「カフェバール」

ジュラ地方・アルボア本店以外で、「イルサンジェー」のショコラが味わえるのは、「東京ブティック(明治神宮前)」のみなので、特別なクリスマスプレゼントにピッタリですね。
プレゼントに最適の高級チョコレートセットが登場!2016年春 「イルサンジェー東京ブティック」にて新ギフトセレクション3種が発売中
	

2位 CHAPON

□夢の世界にいざなう「Bean to Bar」ショコラ、『シャポン』。

「アガート(ボール型のプラリネ)」は、ホワイトチョコレートの上に美しい模様がプリントされているので、そのまま食べることができます。

「パトリス・シャポン」は、元はバッキンガム宮殿のお姫様に専属で仕えていた最高峰パティシエ・アイスクリーム職人で、カカオが持つ様々な魅力に衝撃を受けて、ショコラティエとしての道に専念することを決意したそうです。

「パトリス・シャポン」は、2007年と2003年のサロンデュショコラで第1位、Salon Intersuc(菓子見本市)での14つの賞、2003年パリ市のショコラ・グランプリなど、名誉ある数々の賞を受賞しています。

『シャポン』のショコラは、ショコラティエがカカオの買い付け、焙煎、製造の全てを自らの工場で行う「Bean to Bar」ショコラです。「Bean to Bar」は、 アメリカやヨーロッパなどでブームを巻き起こし、日本でも近年ブームとなってきているそうです。
来日したフランス人からプレゼントされたCHAPON(シャポン)のチョコレートをいただいてます。2段になってた( ´ ▽ ` )今になって気付くのであった
	
□期間限定で『シャポン』が日本に出店しています!

通常はオンラインショップやフランスでしか購入することができない『シャポン』が日本に上陸しているそうです。プレゼントにもピッタリな華やかな「ショコラ」の味を今のうちに確かめに行くしかないですよね!

7月
6/29~7/12 池袋西武、7/6~7/12 浦和伊勢丹、7/12~7/18 横浜そごう
8月
7/31~8/9 池袋西武、8/1~8/31 名古屋高島屋、8/3~8/8 横浜そごう、8/17~8/29 浦和伊勢丹、8/17~8/23 日本橋高島屋、8/24~8/30 札幌大丸
9月
9/3~9/8 横浜そごう、9/21~9/27 横浜そごう
池西で期間限定オープンしてるCHAPONのチョコレート!安くて2つで1000円強…!笑
バッキンガム宮殿のお姫様専属で仕えていたパティシエが作ったお店凄し笑
まだ食べてないけど楽しみ♪
日本限定のアイス、アールグレイ味美味しかった😋
	

3位 Mont St Clair

□世界一のパティシエ「辻口 博啓」の城、『モンサンクレール』。

『モンサンクレール』とは、南仏ラングドック地方のセットにある聖なる丘の名前で、辻口スタイルを確立させたパティスリーです。

「辻口 博啓」は、クープ・ド・モンドをはじめ世界大会に日本代表として出場し、数々の優勝経験を持ち、サロン・デュ・ショコラ・パリで発表されるショコラ品評会においては、 2013年~2015年の3年連続で最高評価を獲得しています。さらに2015年、国際的なチョコレートの大会「インターナショナルチョコレートアワード世界大会」のチョコレートバー部門で、金賞を受賞しました。
モンサンクレールのチョコ買ってもらったあ♥ほんとありがと♥
	

「シャンパーニュ ロワイヤル」
高級シャンパンの「ドンペリ」贅沢に使ったショコラはクリスマスプレゼントにぴったりなショコラですね!
すごーいっ!美味しすぎる!上手い!ビターチョコに深い味わいと後味に来るこのお酒のほろ苦さと香り。食べた瞬間口に広がるコクとチョコレートお酒の味。あー、もう最高!モンサンクレールのナノショコラ買ってよかったー!進めてよかったー!
	

4位 PIERRE MARCOLINI

□画一的ではない独創的で大胆なアロマのショコラ、「ピエール・マルコリーニ」。

数々の名店で修業を重ねた後、1994年にショコラティエとして独立し、長年の功績が認められ、2015年ベルギー王室御用達の称号を拝領し、ベルギーを代表するショコラティエとなりました。
Pierre Marcoliniさんお久しぶりですやん😎
かーさんありがとーーー😭
	
死ぬ前に食べたいお菓子〜10選〜(だっけ?)の1つのピエールマルコリーニでクリスマス。パフェはクリームとアイスを一緒に頂くと濃厚な味を楽しめます。チョコクリーム×チョコアイスが特に好み。抹茶のチョコドリンクも濃ゆい味でした。
	
旦那には頑張ってもらったし、クリスマスにちょっとお店で見つけて良さそうだった上着を遅いクリスマスプレゼントとしてポチった。が、こんな寒くなってるとは知らず。。私はピエールマルコリーニのチョコを貰いました。毎度同じですみませんがと言われながら。美味しいから良しとする。
	
いつもお弁当作ってくれてるからって
ピエールマルコリーニ♡♡
いつも頑張っててよかったしあわせ♡
	

5位 JEAN-PAUL HÉVIN

□黒真珠とも言われるチョコレートの頂点、「ジャン=ポール・エヴァン」。

「ジャン=ポール・エヴァン」は、パティシエとしてジョエル・ロブションの下で修行を重ね、1988年にフランス・パリにて、『ジャン=ポール・エヴァン』を創業しました。
JEAN PAUL HEVINのフロランタンとマロンコンフィ🌰をクリスマスプレゼントでいただきました。
	
ジャン=ポール・エヴァンのクリスマスギフト🎅🎁素敵〜〜
お腹いっぱいだから明日いただこう💕
	
“JEAN PAUL HEVIN”🍫💫ノエル限定ボンボンショコラ🎄クリスマスらしい鮮やかな色が素敵🙈💝何色から食べるか迷う〜❤︎やっぱりエヴァンさんのクリスマスケーキ予約したらよかったな😢🌙
	

6位 DEBAILLEUL

□ 一度味わうと忘れられない食の芸術品、『ドゥバイヨル』。

『ドゥバイヨル』は、M.O.F.(フランス最優秀職人)パティシエである、「 マルク・ドゥバイヨル」が1983年に創設したメゾンです。
ドゥバイヨルのクリスマスの限定のチョコレートが食べたい欲しいこれ欲しい。うわぁぁぁああぁぁあ
	
ドゥバイヨルのチョコを頂きました。
パッションフルーツのガナッシュが入っていて、ミルクチョコとの甘さのバランスが良くて美味しかったです♡
見にくいけど、上段右端のチョコ。
	
またまたDEBAILLEULいただきました*箱がとても可愛い♡ティーとショコラのマリアージュとても上品で美味しい*
	
ドゥバイヨルの新パッケージシリーズ、カゼルタ宮殿の庭イメージのボックスかわいい♡クリスマスショコラの、ジンジャーやスペキュロスのが、よりおいしくなったきがする。
	

7位 Décadence du Chocolat

『デカダンス ドュ ショコラ』は、2006年にパティシエの「ステファン・ヴュー」が「グローバルダイニング」のエグゼクティブ・パティシエとして、チョコレート専門店として指揮を担う「ショコラトリー」です。

『デカダンス ドュ ショコラ』は、料理を芸術の世界へと極める2つの偉大なる国、日本とフランスの融合を、小さくてデリケートなチョコレートの中に鮮やかに表現しているそうです。
ああああわたしが数年前いただいて凄い美味しくて外箱を今年まで取っておいたデカダンスのチョコもろたあああ。うわああ。
	

「Chocolate Box」
箱までがチョコレートで作らているチョコ尽くしな「ショコラ」はプレゼントにピッタリですよね!
Decadence du Chocolat のチョコレート。気に入ってます。
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
mimimilk160