• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
<・・・もう、言葉がない~よ! 超人が生まれるのは放射能汚染の日本からだ・・・と誰か言ってたけど、付き合いきれないね!> 福島原発事故で発生した汚染土、放射能濃度が減少するまで170年!政府は判断を先送り!環境省は汚染土を再利用へ

<・・・もう、言葉がない~よ! 超人が生まれるのは放射能汚染の日本からだ・・・と誰か言ってたけど、付き合いきれないね!> 福島原発事故で発生した汚染土、放射能濃度が減少するまで170年!政府は判断を先送り!環境省は汚染土を再利用へ

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Release Date:
<・・・もう、言葉がない~よ! 超人が生まれるのは放射能汚染の日本からだ・・・と誰か言ってたけど、付き合いきれないね!> 福島原発事故で発生した汚染土、放射能濃度が減少するまで170年!政府は判断を先送り!環境省は汚染土を再利用へ

東京電力福島第1原発事故に伴う除染で出た汚染土を巡り、環境省の検討会が再利用の方針を決めた際、法定の安全基準まで放射能濃度が減るのに170年かかるとの試算を非公開会合で示されながら、長期管理の可否判断を先送りしていたことが分かった。 環境省は汚染土を道路の盛り土などに再利用し、コンクリートで覆うことなどで放射線を遮蔽(しゃへい)するとしているが、非公開会合では盛り土の耐用年数を70年と提示。道路の供用終了後も100年間の管理が必要で、専門家は「隔離もせずに計170年もの管理をできるはずがない」と厳しく批判している

放射能には半減期という期間があり、一定の時間経過で量が半分になります。ただ、量が半分になるだけなので、半減期が過ぎても放射能その物が消失するわけではありません。
これを勘違いしている人が未だに多く、「半減期が過ぎれば安全」等と根拠が無いことを真面目に言っている人も居ます。

少なくとも、セシウムに関しては100年単位の時間が必要で、非公開会合でも言われたような長期管理が必要になるでしょう。政府はこの件を知りながら、汚染土をコンクリートや公共事業に再利用する方針を決定してしまいました。
具体的には一キログラムあたり8000ベクレル以下は利用可能となり、福島原発事故前の一キログラムあたり100ベクレルから大きく緩和されています。

このような汚染土のバラマキ政策は政府が汚染土を管理する手間を省くために行っている政策で、国民の命や健康よりもお金のほうが重要という政府の考え方を示していると言えるでしょう。
今回の非公開会合で政府が放射能管理の重要性を知っていたということは物凄い重要な事実だと言え、今後も汚染土の管理責任について追求する必要があります。

出典:福島原発事故で発生した汚染土、放射能濃度が減少するまで170年!政府は判断を先送り!環境省は汚染土を再利用へ|情報速報ドットコム

	
	
	
<汚染土>「管理に170年」…安全判断先送り、再利用方針 - コラム - 緑のgoo by ●汚染土・汚染稲わら等放射能汚染物の処理状況は少なくとも四半期毎に国民に納得のいく説明をすべき。現在詳細不明
	

ご存じない方々へ。8000ベクレル/kgは、(要厳重管理の)廃棄のための基準です。そして今回の決定は廃棄ではなく、危険な放射能汚染物の再利用です。国の定めた本来の再利用の基準は100ベクレルです。80倍もの差がある危険物を国は全国にばら撒こうとしています。
	
すげーなー。東電原発事故前はドラム缶で厳重保管してたようなレベルの放射能汚染物を再利用OKにしようとしてるんだから。どこまで駄目な国になるの、ニッポン。
	
≪黙っていたら殺されるぞ!そんな社会になっている!≫

日本の食品業界は、不正が常態化している!
消費者は、それを知らずに食べているのが現状です。

※産地偽装、期限切れ、放射能汚染物、スーパーなどで行われている不良品の弁当や惣菜への再利用、使い回し、添加物などは、当たり前です。
	
下水汚泥等の放射能濃度測定結果、ツネイシカムテックスの汚染廃棄物を使った人工砂200ベクレル  ブログを更新
再利用という名目で放射能汚染物を拡散させないよう、焼却の危険性を学ぼう!
狂人を野放しにするな!!!
親戚縁者を再利用地に住まわせろ!

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21