• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
<・・・目覚めよ! 今の自民党は昔の自民党とは違う> 産経にまさかの「共産党」大広告 「ケンカ売ってる」「意外と効果?」と話題 <今の自民党は日本会議に乗っ取られ現実が見えてない>

サムネイル出典:

<・・・目覚めよ! 今の自民党は昔の自民党とは違う> 産経にまさかの「共産党」大広告 「ケンカ売ってる」「意外と効果?」と話題 <今の自民党は日本会議に乗っ取られ現実が見えてない>

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Posted date:
<・・・目覚めよ! 今の自民党は昔の自民党とは違う> 産経にまさかの「共産党」大広告 「ケンカ売ってる」「意外と効果?」と話題 <今の自民党は日本会議に乗っ取られ現実が見えてない>

「アベノミクス失敗みとめろ」「憲法改悪の野望を砕く」――。こんな挑戦的なフレーズが並ぶ日本共産党の選挙広告が、共産党に批判的で保守的な論調で知られる「産経新聞」に掲載されたことが、ネット上で話題を広げている

安倍(晋三)政権+αよ。この声がきこえないのか!

第2社会面の下半分近くを占める

   2016年7月3日付産経新聞朝刊の第2社会面に掲載されたのは、紙面の下半分をほぼ埋め尽くす「大型広告」だ。共産党が7月10日投開票の参院選に向けて作成したもので、比例代表の投票を呼びかける内容。

   広告では、原発再稼働反対やTPP阻止、沖縄の米軍基地撤去といった党の主張を週刊誌の見出し風に列記している。さらには、

「『アベノミクスが争点』で国民だましか? 憲法改悪の野望を砕く」
「憲法違反の戦争法 本気でなくす方法はコレだ」
「アベノミクス失敗みとめろ!消費税10%はあきらめよ」
などと与党を「攻撃」するような文言も数多くみられる。

   こうした内容の広告が、安倍政権に総じて「好意的」な保守論陣を張る産経新聞に掲載されたことで、ネット上では「読者にケンカ売ってる」などと話題を呼ぶことになった。ツイッターやネット掲示板には、

「産経の読者が共産党の広告見たからって投票するとは思えない」
「敵地に攻め入って宣伝を繰り広げることも時には必要」
「産経読者にも今の自民党は支持しない人がいるだろうし意外と効果があるかもね」
などと賛否の分かれた反応が出ている。

   また、産経新聞政治部が16年5月に『日本共産党研究――絶対に誤りを認めない政党』という共産党に批判的な内容の書籍を出版していることを引き合いに、「ついこないだ共産党の正体とか出したばっかだろ」と呆れるようなコメントも出ていた。

出典:産経にまさかの「共産党」大広告 「ケンカ売ってる」「意外と効果?」と話題 : J-CASTニュース

	
なお、ケンカは売っておりません★「共産党の選挙広告が産経新聞に載り物議『ケンカ売ってる』」(libedoor NEWS)
	
共産党が産経新聞に大広告。産経の愛読者さま達にとってはさぞ不快な広告だったと思う。産経新聞社も営利企業だから、共産党だろうが取れる広告は取るるのだろう。

産経にまさかの「共産党」大広告 「ケンカ売ってる」「意外と効果?」と話題
	
朝日の広告に創価学会系や似非右翼系広告が載っても批判する人はあまり居ないが、普段から寛容さが無いネトウヨ系は、この程度のことでも発狂寸前w

共産党の選挙広告が産経新聞に載り物議「ケンカ売ってる」
	
共産党が産経新聞に広告を載せた日がテロのニュースだらけwww
共産党の広告を囲むように全面テロの記事。
産経新聞の巧妙な嫌がらせか?wwwww
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21