• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
最新のTwitter利用者動向はどうなっている?まさかの10代だけ激増!その訳は?

最新のTwitter利用者動向はどうなっている?まさかの10代だけ激増!その訳は?

Release Date:
最新のTwitter利用者動向はどうなっている?まさかの10代だけ激増!その訳は?

リサーチバンクが、「Twitter(ツイッター)に関する調査」を行い、Twitterユーザーの利用実態をまとめていました。調査は10〜60代の1800名を対象に、2014年5月2日〜7日に行われたようで比較的新しいTwitterの動向がわかるのではないでしょうか。

全体的に利用者は増加。ただし、アカウント保持者は減少という結果に

まずはTwitterの利用者をチェックをしてみますと「アカウントを持っていて、利用している」、「閲覧はしている」を含めると、全体の38.5%が利用していると回答。

昨年の調査結果(2013年4月~5月)では、Twitterの利用者は全体の36.0%で、同調査の比較では、Twitterのアカウントを使っている人と閲覧だけしている人を合わせた「利用者」は2.5ポイント増加しました。

ただし、アカウントを持っている人は昨年の29.1%から今年の25.7%へ3.4ポイント減少し、利用者は増加しているものの、アカウント数は減少していることを物語っています。

年代・男女別のTwitter(ツイッター)利用者サーチ

10代は増加傾向、特に10代女性では8割が利用という驚きの結果に

同調査の結果で特筆すべきは、10代利用者の増加傾向が大きく動いていて10代がライフスタイルの中にTwitterが大きく染み付いている事が伺えます。

今年の調査結果で、10代男性では68.0%、10代女性では82.0%がTwitterを利用していることがわかりました。特に10代女性では8割以上がTwitterを利用しており、同属性では「超スタンダード」なソーシャルメディアに。

昨年と比較すると、昨年の10代男性の利用者は55.4%で12.6ポイント増加、10代女性は64.7%で17.3ポイント増加した。この1年での10代の利用者はかなりの割合で増加していると言えそう。

何かと全体的にSNS離れが叫ばれている中でこの流れは大きな揺れと捉えていいのでは?

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
マツオカソウヤ

プログラマー。Sharetube作ってる人。サーバ周り、サービス設計、システム、デザイン、執筆を手掛ける。SNSのJoinchrome、ソーシャルRSSのBazzfeed、TwitterアプリのPicleの失敗を経て、今に至る。今日もまた東京の何処かでコードと記事を書いています。