• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
福島3号機は核爆発、使用済み燃料プールの規制基準設計に違反あり審査やり直しを求める署名

福島3号機は核爆発、使用済み燃料プールの規制基準設計に違反あり審査やり直しを求める署名

Author:
Fossils15Fossils15
Posted date:
福島3号機は核爆発、使用済み燃料プールの規制基準設計に違反あり審査やり直しを求める署名

福島3号爆発は、チェルノブイリ爆発と同じ核爆発。設計ミスによる格納容器外核爆発、使用済燃料プールでの核爆発の可能性を水素爆発と口裏合わせ。

2011年3月14日午前11時01分の福島3号核爆発について、現場にいない保安院がTVで「水素爆発以外に何も起きていない」と言ったのは、全くのあてずっぽう。そのあてずっぽうに、口裏を合わせた。その後、原子力規制委員会も何の調査もせずに、水素爆発のまま放置している。証拠(鉄骨グニャグニャ、高さ600mもの黒いきのこ雲、セシウムホットボールなど)により、使用済燃料が、核分裂連鎖反応を起こし、核暴走し、超高温で、気化、プラズマ化した後、ミクロン単位の大きさに再固化して、大気中に飛散したことは確実。使用済燃料が微粒子で飛散した場合、多数の人が肺癌などを発症する。 トモダチ作戦原子力空母「ロナルド・レーガン」の乗組員被ばくが、その結果。一日も早く真偽を見極めるため、3号機プール内の瓦礫の下を公開させよう。そこには、福島3号核爆発の決定的証拠がある。(東電は、隠したままウヤムヤにする気)。 

出典:キャンペーン · 【映像証拠キャンペーン】福島3号爆発は、チェルノブイリ爆発と同じ核爆発。設計ミスによる原子炉格納容器外の核爆発、使用済燃料プールでの核爆発(広島、長崎に次ぐ原子爆弾) · Change.org

	
福島3号核爆発を、ただの水素爆発だったことにする... 投稿者 setsuo-fujiwara

口裏合わせが発覚したでけでなく、核爆発の新証拠としてセシウムのホットパーチクル(ボール)が茨城や東京で見つかっている。

【映像証拠】福島3号核爆発の新証拠、セシウムホットボール⇒ http://goo.gl/SHIrpw
 空中水蒸気が温度低下で凝縮し、表面張力で真球の水滴となり、虹ができると同様、核燃料が核爆発でガス化、プラズマ化して、爆発後は、断熱膨張で内部温度が下がり凝縮し、表面張力で真球のセシウムホットボールができたと考えるのが自然です。

出典:福島3号機核爆発の新証拠、ホットボールが明確になった。

最近のNHK番組「サイエンスZERO」および、最近の学術論文「福島原発事故により放出された放射性微粒子の危険性」にて、福島3号機核爆発の新証拠、ホットボール (ホットパーティクル、セシウムボール) が明確になりました。
番組では、ホットボールは非水溶性・非酸溶性で含鉄のガラス状のものだったが、その後、2011年3月20日、21日に採取したものは水溶性だったと説明しています。核爆発のように、高熱に晒された場合に、こうしたガラス状の複数元素混合固体ができやすいことを考えると、3号機核爆発説との関連性は否定できません。番組でも、このホットボール (ホットパーティクル、セシウムボール)を詳しく分析することで、事故当時、福島第1原発の各原子炉や使用済み核燃料プールで何が起きていたかがわかると説明しています。

出典:福島3号機核爆発の新証拠、ホットボールが明確になった

	

2016年の国際会議では東京へもセシウムボールが到達し降り注いだことが報告された。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
Fossils15