• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
立て続けに2件、アメリカ白人系警官によるアフリカ系黒人に対する理不尽な殺害

サムネイル出典:

立て続けに2件、アメリカ白人系警官によるアフリカ系黒人に対する理不尽な殺害

Author:
AIOAIO
Posted date:
立て続けに2件、アメリカ白人系警官によるアフリカ系黒人に対する理不尽な殺害
アメリカ銃社会が背景にある、恐怖と正当防衛を理由にしたあからさまな有色系人種、特に白人が黒人に対する銃対応で一連の射殺、殺害。あまりにも手際と都合のよい殺意を秘めた行動にしか見えない。この立て続け、2件の白人警官による理不尽な黒人の殺害によって、大規模な抗議集会、暴動に発展するだろう。酷すぎる。
白人2人警官に押さえつけられ、射殺。閲覧注意してい下さい。
AFP等で報道されてる7月6日の運転席の黒人男性が、白人警官に免許証を取りだそうとする際、突然射殺された。ガールフレンドと子どもも乗車していた。男性が車中で亡くなる過程、警察とのやり取りの全記録をガールフレンドがネット上に公開。閲覧注意して下さい。
AFPより本文引用・・・
【7月7日 AFP】米ルイジアナ(Louisiana)州で黒人男性が警官に射殺された動画が怒りを巻き起こした翌日の7日、今度は、ミネソタ(Minnesota)州で黒人男性が警官に撃たれて死ぬ間際の様子を捉えた動画がインターネットで広まった。

 警察当局によると、男性は6日夜、ファルコンハイツ(Falcon Heights)で車を運転中に警官に止められ、その後、銃で撃たれ死亡した。家族と活動家によると、死亡した男性は学校の食堂で働くフィランド・キャスティル(Philando Castile)さん(32)。

 インターネットで広まった動画は、銃で撃たれたあとのキャスティルさんの様子を恋人のラビッシュ・レイノルズ(Lavish Reynolds)さんが携帯電話のカメラで撮影したもの。運転席に座ったキャスティルさんの白いTシャツは血で真っ赤になっていた。レイノルズさんは助手席に座っており、レイノルズさんの娘も車に同乗していたという。

 この動画は「フェイスブックライブ(Facebook Live)」で配信され、これまでに170万回再生された。レイノルズさんによると、車を止められた理由はテールライトが故障していたためだったという。また車内にはマリフアナがあった。キャスティルさんは銃の所持許可証を持っているが、警官に撃たれた際には免許証と車両登録証を取り出そうとしていたという。

 警察当局はこの出来事について調査中と述べた上で、現場から拳銃が回収されたと付け加えた。

 レイノルズさんは動画の中で「(キャスティルは)身分証と財布をポケットから取り出そうとしていた。警察官に対して銃を所持していることを明らかにして、今は財布を取り出そうとしているところだと説明して、そして警察官が彼の腕を撃った」と語っている。

 キャスティルさんがうめき声を上げる中、警察官は車の窓からキャスティルさんに銃口を向け、「くそっ!手を伸ばすなと言っただろ!手を上げろと言っただろ!」と叫んでいた。

 動画の最後では、レイノルズさんの4歳の娘が「ママ、大丈夫だよ」「大丈夫、私がそばにいるよ」と優しい声で語り掛けていた。(c)AFP/Olivia HAMPTON

出典:http://www.afpbb.com/articles/-/3093231

	
ロイターより本文引用・・・
[バトンルージュ(米ルイジアナ州) 6日 ロイター] - 米司法省は6日、南部ルイジアナ州バトンルージュで黒人男性が白人警察官2人によって地面に押さえつけられ、胸を撃たれて死亡した事件について、捜査を行うと発表した。

射殺されたのはアルトン・スターリングさん(37)で、事件は5日夜にコンビニエンスストアの駐車場で起きた。動画によると、1人の警察官が至近距離でスターリングさんに向けて5回発砲。もう1人の警察官はスターリングさんのポケットから何かを取り出した。動画を撮影した同店舗のオーナーは、警察官が取り出したのは銃だったと述べた。

通行人が撮影した別の動画では、警察官2人のうち1人がスターリングさんに地面に伏せるよう命じた後、2人がスターリングさんにタックルし、1人が銃を取り出しスターリングさんの胸に向ける様子が撮影されている。
 
事件を受けて、警察に対する抗議活動が行われ、ソーシャルメディアでも非難の声が上がった。また現場近くでは6日、数百人が追悼集会を行った。

出典:http://jp.reuters.com/article/louisiana-police-idJPKCN0ZN0LA

	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
AIO