• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
<・・・懐かしいなぁ~昭和の歌姫。ザ・ピーナッツ> 双子デュオ ザ・ピーナッツの伊藤ユミさん死去 75歳

サムネイル出典:

<・・・懐かしいなぁ~昭和の歌姫。ザ・ピーナッツ> 双子デュオ ザ・ピーナッツの伊藤ユミさん死去 75歳

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Posted date:
<・・・懐かしいなぁ~昭和の歌姫。ザ・ピーナッツ> 双子デュオ ザ・ピーナッツの伊藤ユミさん死去 75歳

「恋のバカンス」などのヒット曲で知られる双子の人気ポップスデュオ「ザ・ピーナッツ」の妹・伊藤ユミ(本名:伊藤月子)さんが5月18日に亡くなっていたことが11日、わかった。75歳だった。同日、所属事務所が発表した

 ユミさんは姉の伊藤エミさんとのデュオとして1959年に「可愛い花」でレコードデビュー。かわいらしく高い歌唱力と美しいハーモニーでヒット曲を連発させ、国民的人気を博して昭和の歌謡史に大きな足跡を残した。

 そのほかにも「恋のフーガ」「情熱の花」なども大ヒットし、姉妹で妖精役で出演した映画『モスラ』の挿入歌だった「モスラの歌」もヒットした。しかし、1975年に芸能界を引退。姉のエミさんは2012年6月15日に71歳で亡くなった。

 なお、葬儀・告別式・四十九日の法要は親族の意向により近親者のみで済ませた。 

出典:双子デュオ ザ・ピーナッツの伊藤ユミさん死去 75歳 | ORICON STYLE

	
ピーナッツのユミさんも亡くなられたのか...。今の世代の僕からみても呪術的な2人のハーモニーに色あせした映像が確かに実在したけど見たことのない過去の日本のエキゾチックさを際立ててたよ...。映画での演技が妙に上手いのも面白かった。
	
ピーナッツ伊藤ユミさん死去 2016年7月11日

キングレコードって、やっぱり名の通り演歌昭和歌謡屋なんだよな。
深夜通販の音楽のある風景、最近やらないけど好きなんだよな。
	
ピーナッツ伊藤ユミさん死去 | 2016年7月11日(月) - Yahoo!ニュース
エミさん亡くなられたときに、追悼と言うことで虎姫一座休演になったことあるけど、きちんと歌い次いでいくと言うことでやっていい気がする。 
	
ピーナッツ伊藤ユミさん死去 - Y!ニュース
「さようなら皆さん。私達はインファント島に帰ります」「あの人達へのお礼は、人間不信のない世界を作ることだよ」
	
あぁまた昭和が遠くなった。合掌。

ピーナッツ伊藤ユミさん死去 2016年7月11日
	

永六輔さん死去 83歳

 タレントの永六輔さんが死去したことが11日、わかった。83歳だった。死因などは明らかになっていない。

 永さんはパーソナリティを務めていたTBSラジオ『六輔七転八倒九十分』を背中痛のため今年2月に休養。復帰を目指したものの、6月27日の放送をもって番組を終了した。

 東京・浅草出身。ラジオや草創期のテレビ番組に携わり、NHK『夢であいましょう』(1961年~1966)などの人気番組の脚本を担当し、自らも番組に出演。独特の早口なしゃべりで人気者を博した。

 エッセイストとしても数々の作品を発表し、1994年に出版した『大往生』は200万部を超えるベストセラーに。作詞家としては、中村八大さんが作曲し、水原弘さんが歌った「黒い花びら」が1959年に第1回日本レコード大賞を受賞。そのほか「上を向いて歩こう」「こんにちは赤ちゃん」「遠くへ行きたい」などのヒット曲を送り出した。

出典:永六輔さん死去 83歳 | ORICON STYLE

	
永さんやピーナッツさんとは、今夜から、夢で会いましょう。ご冥福をお祈りします。

永六輔さん死去 放送界の草分け、マルチに活躍:朝日新聞デジタル
	
【速報】放送界で多彩に活躍したタレント・作家の永六輔さんが死去した。83歳だった
	
【永六輔さん死去 黒柳徹子さん「最後の一撃のよう」】今月7日に亡くなった永六輔さんと60年以上にわたってテレビやラジオで一緒に仕事をしてきた黒柳徹子さんは、11日コメントを出し、「最後の一撃のようだ」と永さんの死を悼みました。
	
作詞家、永六輔(83)死去。「上を向いて歩こう」など、名曲たくさん。著書「芸人その世界」は若い頃に読んで影響受けました。御冥福をお祈りします。
	
.さんの「【訃報】永六輔さん死去 個性的なエピソードの数々」に注目中!人気の話題を先取りなう。
	
放送作家、タレント、エッセイストとして多方面で活躍した永六輔さんが死去していたことが11日分かりました。83歳でした。これまで撮影した永さんの姿を写真特集でお伝えします。
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21